経済

中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「中国製リニアモーターカー」が、時速600キロの試験走行に成功した。

JR東海が2015年の試験走行で出した603キロと事実上並んだと言える。

ところで、このリニアモーターカーの開発を主導した技術者は、日本のリニアモーターカーの開発を行ってきた技術者たちであったということは知っているだろうか。

日本では「用済み」となった技術者たちを、中国が高い給料を保証してごっそりと引き抜いて作ったのが、この「中国製リニアモーターカー」だ。

今後世界に、このリニアモーターカーを中国が売り出していくのは確実だろう。

中国国内においても、民生用としてだけではなく、軍事的にも大いに活用されることだろう。

ここには今の日本の問題点が凝縮されているように感じる。

国家と個人を対立的に捉える左派的なイデオロギーが広がっていること

国家的な長期的なビジョンを描き、その実現に邁進するような国家のあり方を否定していること

どこで何をやっても自由という風潮が広がっていること

国内で開発された技術を、絶対に保護しなければならない知的財産だという意識が弱く、未だに知財保護規定が弱いこと

緊縮財政路線のもとで、技術者や研究者が思い切って技術開発・研究開発に邁進できる環境に背を向けてきたこと

中国という国家の恐ろしさを正確に伝えることが、平和的ではないかのように考えていること、などなどだ。

福島原発事故後の原子力技術者叩きによって、日本の優秀な原子力技術者も中国や韓国に渡っていった。

家電の技術者もどんどん中国や韓国に渡ってしまい、パナソニックでは今や中国人技術者が技術の中心に位置し、本社機能を中国に移すことまで考えている。

誤った政策の累積的なツケが、今次々と日本の危機となって表面化している。

その象徴が、この「中国製リニアモーターカー」の開発である。

さて、日本の技術者がごっそり引き抜かれた結果だということを、日本のマスコミは報じるのだろうか。

これだけ中国が問題ある国だとわかってきているのに、そういう期待が全くできないのが実に悲しい話だ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200626/wor2006260025-n1.html
ネタ元の国家基本問題研究所の記事
https://jinf.jp/feedback/archives/24828
画像はAFPBBの記事から
https://www.afpbb.com/articles/-/3226447
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/1/0/810×540/img_1023efca0b6dafa4a8b8f5ee43be8c82131210.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)

    次世代通信規格の6Gの技術開発を支援するために新たに設ける基金…

  2. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)

    中国財政省が60億ドル規模のドル建て債を募集のガイダンスを行っ…

  3. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)

    デンマーク最大のダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発…

  5. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  2. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の統一外交安保特別補佐官が、従来アメリカが果たしてきた役割を中国に期待すると…
  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)
PAGE TOP