人権・民主主義

米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのマクサリー上院議員は、「私は共産主義者を信用したことはない。中国は自国で発生したウイルスを隠蔽し、その結果、米国と世界に不要な死をもたらした」と中国を非難した上で、「WHOは彼らを庇うのをやめなければならない。テドロス事務局長は辞任すべきだ。この問題を解決するために何らかの手段を取る必要がある。世界中で人が亡くなっているのに、彼らがやったことは無責任で恥知らずだ」と、WHOに対しても厳しい非難を浴びせた。

スコット上院議員も、議会に対しWHOの調査を求め、WHOが中国のウイルス拡散データの隠蔽に加担したことを根拠に、米国はWHOへの拠出金を停止すべきだとして、WHOに対する厳しい批判を行った。

中国と中国に忖度するWHOに対する厳しい批判を、アメリカはどんどん積み上げている。

ところで、中国政府に新型コロナウイルスの責任を果たさせるよう、トランプ大統領に求める請願署名が、今集められている。(ホワイトハウスに設けられているサイトなので、安心してもらいたい。)

4月15日までに、10万人以上の署名が必要だが、すでに8万人ほどの署名が完了している。

我々も署名ができるので、ぜひ署名に名を連ねよう。

①まずは以下の “We the People” ページに飛ぶ。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/petition-president-donald-trump-hold-chinas-government-accountable-coronavirus
②ページの右側の方に名前とEメールアドレスを記す欄があるので、その欄を埋める。
③その下に”Sign Now”と書かれているところがあるので、そこをクリックする。
④”We the People: Your Voice in Our Government”という題のEメールが届いていることを確認する。
⑤メール本文の中段に “Confirm your signature by clicking here.” と書かれているところを探す。(太字で青くなっているかと思う)
⑥その “Confirm your signature by clicking here.” の部分をクリックする。
⑦”We the People” のページに自然に飛んでいることを確認する。(これで手続完了!)

ぜひご協力願いたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のスプートニクの記事
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202004037328031/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!郭文…

  2. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  4. 人権・民主主義

    政治・社会風刺を売り物にする米人気アニメ番組を中国は完全排除へ!(朝香 豊)

    米人気アニメ番組「サウスパーク」は、辛辣な政治風刺・社会風刺が…

  5. 安全保障

    感染者がいないブラジルが、国家非常事態宣言! 日本は何をしているのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!未だ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンがさらなる爆弾を炸裂! 証拠をFBIに提出すると明言!(…
  2. 安全保障

    中国政府相手にコンサルタント! ハンター・バイデン設立のソーントン・グループ!(…
  3. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)
PAGE TOP