人権・民主主義

米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのマクサリー上院議員は、「私は共産主義者を信用したことはない。中国は自国で発生したウイルスを隠蔽し、その結果、米国と世界に不要な死をもたらした」と中国を非難した上で、「WHOは彼らを庇うのをやめなければならない。テドロス事務局長は辞任すべきだ。この問題を解決するために何らかの手段を取る必要がある。世界中で人が亡くなっているのに、彼らがやったことは無責任で恥知らずだ」と、WHOに対しても厳しい非難を浴びせた。

スコット上院議員も、議会に対しWHOの調査を求め、WHOが中国のウイルス拡散データの隠蔽に加担したことを根拠に、米国はWHOへの拠出金を停止すべきだとして、WHOに対する厳しい批判を行った。

中国と中国に忖度するWHOに対する厳しい批判を、アメリカはどんどん積み上げている。

ところで、中国政府に新型コロナウイルスの責任を果たさせるよう、トランプ大統領に求める請願署名が、今集められている。(ホワイトハウスに設けられているサイトなので、安心してもらいたい。)

4月15日までに、10万人以上の署名が必要だが、すでに8万人ほどの署名が完了している。

我々も署名ができるので、ぜひ署名に名を連ねよう。

①まずは以下の “We the People” ページに飛ぶ。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/petition-president-donald-trump-hold-chinas-government-accountable-coronavirus
②ページの右側の方に名前とEメールアドレスを記す欄があるので、その欄を埋める。
③その下に”Sign Now”と書かれているところがあるので、そこをクリックする。
④”We the People: Your Voice in Our Government”という題のEメールが届いていることを確認する。
⑤メール本文の中段に “Confirm your signature by clicking here.” と書かれているところを探す。(太字で青くなっているかと思う)
⑥その “Confirm your signature by clicking here.” の部分をクリックする。
⑦”We the People” のページに自然に飛んでいることを確認する。(これで手続完了!)

ぜひご協力願いたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のスプートニクの記事
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202004037328031/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ついにドミニオンの不正が明確に! 科学的調査で証拠を完全に掴む!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  2. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

  3. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)
  2. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)
  4. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)
PAGE TOP