人権・民主主義

米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのマクサリー上院議員は、「私は共産主義者を信用したことはない。中国は自国で発生したウイルスを隠蔽し、その結果、米国と世界に不要な死をもたらした」と中国を非難した上で、「WHOは彼らを庇うのをやめなければならない。テドロス事務局長は辞任すべきだ。この問題を解決するために何らかの手段を取る必要がある。世界中で人が亡くなっているのに、彼らがやったことは無責任で恥知らずだ」と、WHOに対しても厳しい非難を浴びせた。

スコット上院議員も、議会に対しWHOの調査を求め、WHOが中国のウイルス拡散データの隠蔽に加担したことを根拠に、米国はWHOへの拠出金を停止すべきだとして、WHOに対する厳しい批判を行った。

中国と中国に忖度するWHOに対する厳しい批判を、アメリカはどんどん積み上げている。

ところで、中国政府に新型コロナウイルスの責任を果たさせるよう、トランプ大統領に求める請願署名が、今集められている。(ホワイトハウスに設けられているサイトなので、安心してもらいたい。)

4月15日までに、10万人以上の署名が必要だが、すでに8万人ほどの署名が完了している。

我々も署名ができるので、ぜひ署名に名を連ねよう。

①まずは以下の “We the People” ページに飛ぶ。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/petition-president-donald-trump-hold-chinas-government-accountable-coronavirus
②ページの右側の方に名前とEメールアドレスを記す欄があるので、その欄を埋める。
③その下に”Sign Now”と書かれているところがあるので、そこをクリックする。
④”We the People: Your Voice in Our Government”という題のEメールが届いていることを確認する。
⑤メール本文の中段に “Confirm your signature by clicking here.” と書かれているところを探す。(太字で青くなっているかと思う)
⑥その “Confirm your signature by clicking here.” の部分をクリックする。
⑦”We the People” のページに自然に飛んでいることを確認する。(これで手続完了!)

ぜひご協力願いたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のスプートニクの記事
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202004037328031/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)

    反中国派の新聞である大紀元時報の香港支社の印刷工場に、覆面をし…

  2. 人権・民主主義

    親元から引き離され、「中国化」されるウイグルの子どもたち!(朝香 豊)

    中国共産党は新疆ウイグル自治区から大勢の子供たちを親元から引き…

  3. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    アメリカで失業率32%になりうるとFRBが推計! 大恐慌時を超える!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    過密状態のフィリピンの刑務所で、大量の陽性反応! 新型コロナウイルス!(朝香 豊…
  3. 韓国・北朝鮮

    親北派の韓国の米大使公邸乱入事件で、警官の懲戒処分なし!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香…
  5. 安全保障

    米国防大サイバー指揮官課程に自衛官派遣へ! 5eyes以外では日本が初めて!(朝…
PAGE TOP