人権・民主主義

次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州での選挙の不正が色々と明らかになった。

ミシガン州の郵便投票データベースで「すでに郵便投票を行った」とのマークが付けられている人について「社会保険死亡インデックス」と呼ばれるデータベースと照合した結果、約9500人の有権者について死亡が確認された。

また「郵便投票を行った」100才以上の高齢者のうち約2000人が、現在知られているどのデータでもミシガン州で暮らした記録が見つからないこともわかった。このたった2つの事実から見て、少なくとも1万人を超える人たちについては不正投票が行われたであろうことがわかる。

この分析を行ったバリス氏によれば、これらの不正は全体の不正の一部にすぎないといい、12月にはもっと多くのデータを揃えてより詳細な不正を明らかにするとしている。

ウェイン郡では選挙日の翌日の午前4時30分頃に、何万もの投票用紙が州外のナンバープレートのついた車で運ばれてきたことを、選挙監視員のシット氏は宣誓供述した。通常の票とは違ってこれらの票は部屋の裏側から運び込まれ、箱には封印がされていなかった。少なくともシット氏が見た票は全てバイデンへの票だった。箱に入れて持ち込まれた票に書かれていた名前は、「有権者登録ファイル」(QVF) に載っておらず、投票日直前に登録した有権者のための補足リストにも記載されていなかった。

また投票所の職員には、署名のミスマッチを無視し、遅れて届いた票には前日の日付をつけ、開票を強行するよう指示されていたことも明らかにされた。郵便局の職員に対して11月3日の投票締め切りを過ぎて届いた票に投票日当日の日付をつけさせていたことはすでに明らかになっているが、郵便局を経ずにどこかから持ち込まれた票にも同じ扱いがされていたことになる。

デトロイトにおいても、「いくつかの集計掲示板で、コンピュータのオペレーターが、数千の投票用紙の名前と住所を手作業でQVFシステムに入力しているのを見た」と、選挙監視員のクッシュマン氏は宣誓供述した。つまり、身元不明で未確認の人たちの選挙登録を後から勝手に追加して、投票を「有効」にしていたことになる。

別の選挙監視員のシュミット氏によると、彼女がいた集計所では4日の午前5時前までに集計したのは約7千票だったはずなのに、2時間後の午前7時に同集計所は『その日の夜に13万票を集計した』と発表したという。

ミシガン州の法律によると、郵便投票でもその日の夜8時に投票所は閉鎖されることになっている。つまり、夜8時以降には投票所には郵便物は持ち込めないはずである。しかも午前5時には全員が会場から退出しなければならないことになり、シュミット氏も一旦は帰宅した。つまり午前5時以降は誰も開票できないはずである。

さらにおかしいのは、夜8時で投票所への郵便物の持ち込みができなくなっているのに、午前4時頃に1万6千票が持ち込まれていることだ。当然ながら、この時間に郵便局が配達を行っているわけはない。そしてこの1万6千票については午前5時に会場から全員退出となるまでに、一切の開票作業は行われなかった。

しかもベニアの板のようなものを使って開票所の窓を外から覆って、開票の様子が外侮からは観察できないようにもしている。

こうした疑惑を全て解明することは当然必要だ。

それと同時に、ここまで組織的な不正を行っている民主党側はもはや選挙失格にすべきではないだろうか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/64568.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/64564.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/64427.html
YouTubeのサムネイルからの引用画像(ミシガン州で不正選挙の提訴)
https://i.ytimg.com/vi/qgg1NrbpAac/maxresdefault.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!小島晴…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
  3. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
  4. 外交

    日本の「戦犯企業」製品の不買条例が、ソウルと釜山で成立!
  5. 人権・民主主義

    韓国政府が米韓同盟破棄を示唆! しかも駐米大使!(朝香 豊)
PAGE TOP