経済

韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?


今年上半期(1月〜6月)の韓国10大企業グループの営業利益は前年同期に比べ45%の大幅減少。売上が減っているのに、人件費が急増したためだ。具体的には、売上高が1.1%減少し、人件費は7.1%増加した。人件費の急増は韓国の最低賃金が引き上げられたことによる影響が大きい。

サムスンは売上高が5%減少し、人件費は8.8%増加した結果、営業利益が54.4%減少した。

人為的な人件費の引き上げが韓国経済に与える影響は大きい。

人件費の引き上げによって庶民の懐を豊かにし、国民の購買力を引き上げ、それによって経済成長を促すということを、文在寅政権は考えていたようだが、現実には人件費の高騰によって経営が成り立たなくなった事業所の閉鎖が続き、失業率を高め、却って内需を冷え込ませてしまったのだ。

売り上げの低迷は、中国の景気減速などの外部要因の影響も大きいが、内需が冷え込んだ影響も無視できない。実はこれでも積極財政でかなり支えているのに、その効果が表面的には感じにくくなっている。

韓国の財閥企業が海外への生産拠点の移管をさらに進め、韓国経済の空洞化が今後も続いていく可能性は高いだろう。

これに関連する朝鮮日報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  3. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  4. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)

    有機ELを新技術で量産化する世界で初めての生産ラインが、JOL…

  5. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  6. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    愛知トリエンナーレで、大村知事が河村市長に激怒!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)…
PAGE TOP