人権・民主主義

香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)

韓国のKBSテレビに対して、ある香港警察官が匿名を条件に取材に応じた。

この警察官によると、地下鉄元朗駅で起きた白服の暴徒が無差別に人々を襲撃した事件については、警察上層部は警官に出動しないように命じていたそうだ。

半年におよぶ香港の抗議運動のなかで、医療関係者が確認した警官によるレイプ事件は2度起こっているとされているが、実際の被害者はもっと多いという。

全裸の水死体で見つかった15歳の陳彦霖さんは、警察内部の決定で「自殺」として処理されたのだそうだ。

警官の発言に基づく内容以外も、KBSテレビの番組は報道している。

陳彦霖さんの死に関して、香港親中派メディアTVBの取材に応じていた「母親」は実は別人だったと、陳さんの友人が証言している。

そして実際の陳彦霖さんの母親は、娘の死亡以降行方が分からなくなっていた。

「飛び降り自殺した男性」として報道された人が、顔の特徴などから本物の母親ではないかと、疑われている。

飛び降り自殺であるにもかかわらず、遺体のそばに血液の広がりはなく、皮膚は蒼白で、すでに死亡から数日経過した遺体ではないかとの疑いも向けられている。

KBSテレビは、民主デモに参加し、逮捕した警察官から性的暴行を受けたと告白した香港中文大学の学生・呉傲雪さんも取材している。

ところで、韓国のテレビでも報道されている香港デモの裏側について、日本のテレビ局が取材をしていて番組を作ったということがあるのだろうか。

自分はテレビを全く見ない人なので、実際にはあるのかどうかは知らないが、仮にそのような番組がないとしたら、日本のテレビ局がいかに民主主義を守ることに鈍感であるかを示すことになるだろう。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48990.html
トップ画像はNTDJPからhttps://i.ytimg.com/vi/MOb_S7Dt91c/maxresdefault.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  2. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 人権・民主主義

    香港理工大学に警察隊が突入! 医療スタッフも負傷者も逮捕!(朝香 豊)

    11月17日から激しい攻防が繰り広げられてきた香港理工大学で、…

  5. 人権・民主主義

    北京で住居の「強制退去」に反対! 1万人の市民が署名!(朝香 豊)

    中国北京市昌平区の住民らは、住んでいる住宅が「違法建築」だとし…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の経済成長率が4%まで下がって大減速? おいおい!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国企業のデフォルト急増! 中国最大不動産企業もデフォルト危機へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香…
  5. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)
PAGE TOP