安全保障

コロナの発症は武漢の研究所! 亡命研究者たちが証言しているとバノン氏!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの件で世界中から疑惑の目を向けられている、中国の武漢ウイルス研究所などの研究員たちが「亡命」し、アメリカ・ヨーロッパ・イギリスのインテリジェンス機関に協力していると、スティーブ・バノン氏が述べた。

バノン氏は4年前の米大統領選挙でトランプ陣営の選挙対策本部長を務め、その後トランプ政権の首席戦略官を務めたことで知られる。

今回のパンデミックは武漢ウイルス研究所からウイルスが漏れ出したことが出発点で、漏れ出た後の隠蔽工作は意図的な殺人に該当するということの立証を固め、中国に対する裁判を準備する方針だという。

研究員たちの証言からすると、武漢ウイルス研究所はとんでもなくずさんな管理がなされていた。

SARS系のウイルスに対処するワクチンや治療薬を開発する実験のさなかに事故が起こり、その結果としてウイルスが広がることになったという。

全貌を知らされると、人々はショックを受けることになると、バノン氏は語った。

さて、武漢ウイルス研究所はフランス政府の協力によって作り上げられたが、フランス政府は運営開始前に中国政府から締め出しを食らっている。

だが、フランス政府は締め出される前に同研究所にモニタリング設備を残していたのではないかと、バノン氏は示唆する。

フランス政府の情報が大きな役割を果たしているのかもしれない。

ところで、香港大学公共衛生学院でウイルス学と免疫学を専門とするヤン博士もFOX NEWSの独占インタビューに答えていた。

ヤン博士は4月28日にアメリカに脱出し、亡命した。

彼女は自分の命が危険にさらされていて、故国に戻れることは絶対にないと思っている。

インタビューの中でヤン博士は、中国政府が意図的に新型コロナウイルスの発生を隠蔽していたと述べた。

12月の末に中国本土で発生したSARSのようなウイルスの奇妙な感染クラスターについて調査をするようにと、研究所の上司であるレオ・プーン博士からヤン博士は求められた。

そこで彼女は中国本土の研究施設に様々にアクセスした。

この中で、中国版CDCに勤務し、このウイルスに関する一次情報を持つ友人から、12月31日に「人から人への感染」について教えてもらったと彼女は話した。

それなのにWHOは1月9日に「中国当局によれば、問題のウイルスは重病を発症する場合があるが、人から人への感染は限定的にしか認められない」との声明を発表した。

中国とWHOが意図的な隠蔽を行っていたのは明らかだ。

やがてこのウイルスについてオープンに議論していた仲間たちが突然口を閉ざすようになり、彼女の上司も余計なことを話さないようにし、気をつけるように忠告した。

上司は「レッドライン(中国共産党が反応する敏感なライン)に触れてはいけない。ヤバいことになると、我々は消されてしまう」とも語っていた。

彼女は真実を話せる場を求めて、アメリカに飛ぶ決意をしたという。

このウイルスの件で中国共産党がどんどんと追い詰められているのは、確かなようだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily Mailのページ
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8513631/Scientists-Wuhan-virus-lab-defected-West-reveals-Steve-Bannon.html
ネタ元のFox Newsの記事
https://www.foxnews.com/world/chinese-virologist-coronavirus-cover-up-flee-hong-kong-whistleblower

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ASEANでの日本への期待は圧倒的! シンガポールのシンクタンクが発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    命ある限り体制批判を続けていく! 清華大学の許章潤教授!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!長年に…

  4. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  5. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプ共和党 続々と敗北! ケンタッキー州知事選挙でも!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    「中国共産党は国際支配を欲している」と、ポンペオ国務長官! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)
PAGE TOP