外交

台湾訪問団のチェコに対して中国が脅迫! これにEU諸国が大反発!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

チェコのビストルチル上院議長は90名の代表団を率いて、国交のない台湾を訪問した。

これに対して欧州を歴訪中の中国の王毅外相は激しく反発し、「高い代償を払ってもらう」と脅した。

当然ながら、ビストルチル議長はこの脅しをチェコの内政干渉だとして不快感を表明し、チェコはすべての国際的な国と良好な関係を維持すると反発した。

ペトリチェク外相も張建敏中国駐チェコ大使を召喚し、抗議の意を伝えた。

このチェコと中国との対立に関連して、フランス外務省のミュール報道官は、「EUと中国の関係は、対話・対等・相互尊重の原則に基づいたものでなければならない。これは我々がパートナーシップを深めるための不可欠な基本的条件である」とし、「この観点から、(中国による)EU加盟国へのいかなる脅威も容認できない。私たちはチェコを支持する」と表明した。

ドイツのマース外相も、王氏との共同記者会見で、「EUでは、国際的なパートナーに敬意を持って接しており、脅しなどの方法は適切ではない」と述べ、チェコの側に立つ姿勢を明確にした。

中国によるコロナの情報隠蔽、香港の民主派の弾圧、ウイグルでの大規模な強制収容、台湾への脅迫などが相次ぐ中で、このチェコへの脅迫でEU側の態度は大きく変化した。

親中的な立場を維持してきたイタリアのディマイオ外相さえ、王毅外相との会談で香港問題をわざわざ取り上げ、市民の人権と自由が尊重されるべきだと指摘した。

EUのボレル外交安全保障上級代表は、「中国が欧州企業を制限しているのに対し、中国企業は欧州市場で自由を享受している。この非対称な関係を修正する必要がある」との見方を示した。

王毅外相の欧州歴訪は、米欧関係に楔を打ち、欧州を中国側に引き寄せることにあったが、完全に失敗に終わったようだ。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、王毅外相は「手ぶらで帰らざるをえない」と皮肉った。

中国の「ポカ」により、欧州の中国への反発はどんどんと強まっている。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=8423
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/61743.html
画像はAFPBBから(チェコの訪台代表団)
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/9/-/img_59441850836857728e1e5268e09db269185758.jpg
画像はGettyimagesから(チェコ)
https://media.gettyimages.com/photos/czech-flag-waving-by-cityscape-against-sky-picture-id660564693?s=612×612
画像は日経ビジネスから(王毅外相)
https://business.nikkei.com/atcl/opinion/15/218009/031300140/fb.jpg
画像は旗旗から(フランス)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/g8xat2rfn9Motua9uW1Bi0n0tnJPPqf5NX6yEIUq0fYEPHY0L7kuoPeQBpJJCX2gHCgYvke0_u4ygqQIxQYsQ0-6naZy2gbm
画像はInober.comから(ドイツ)
https://inober.com/assets/hr-topics-germany.png-4933d4b959763f0c49a9306f8ad544edb8148f3464c928b25830a22f1e61767d.jpg
画像はb-en-gから(イタリア)
https://column.to-be.co.jp/hubfs/to-be/column/global/italy/main_italy.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  2. 中国

    中国全土からの邦人の帰国を検討しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 人権・民主主義

    周庭さんは中共とつるんでいる工作員?? 冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!周庭…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港立法会選挙1年延期! 進む中国の切り離し!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  5. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)
PAGE TOP