人権・民主主義

トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国では100万人を超えるウイグル人などのイスラム教徒が「再教育施設」で拘束されている。

トルコの人道支援団体「人道支援復興基金」はこのことへの抗議として、デモを行った。1000人超が参加した。

「中国は世界に嘘をついている」というプラカードや、青地に白い三日月が描かれた東トルキスタンの旗を掲げていた参加者もいた。

東トルキスタンは「東のトルコ系の国」のような意味で、かつては独自の政権もあったが、中国共産党との戦いに敗れた。

トルコのエルドアン大統領は、中国によるウイグル人への対応を非難していない。他のイスラム系諸国も同様だ。

こうしたトルコなどイスラム諸国の対応を、サッカーチームの「アーセナル」(イングランド・プレミアリーグ所属)のエジル選手が厳しく批判した。

エジル選手はトルコ系ドイツ人で、イスラム教徒だ。

この影響が、今回トルコに飛び火した形と見ていいだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3260633?cx_part=latest
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/0/-/img_d01546c043bf311c831566fa33052e76157361.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!任志…

  3. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!湖北…

  4. 人権・民主主義

    州兵の扱いがひどすぎる! フリリダ知事が激怒!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フロ…

  5. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)
  2. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    選挙後に起こった、許せない岸田内閣の親中姿勢への露骨な転換! 地方議会から岸田内…
  4. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港民主派議員が襲撃され、耳を半分食いちぎられる!(朝香 豊)
PAGE TOP