人権・民主主義

ドミニオンの犯罪調査が認められる! ミシガン州で大前進!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミシガン州のアントリム郡で使用された22台のドミニオンの投票集計機に関して、ケビン・エルゼンハイマー裁判官は調査官が犯罪科学上の捜査を行うことを認めた。

アントリム郡は共和党の地盤であるが、トランプ大統領に投じられた6000票ほどを誤ってバイデン票としてカウントし、一旦はこの郡ではバイデンが勝利を収めた形となった。

だがこの結果を訝しく思った職員が手集計を行なった結果としてこの誤りが明確に示され、後にこの6000票はトランプのものだとして再集計されている。

この誤りはその後に単なるヒューマン・エラーのせいだとか、ソフトウェアがアップデートされていなかったからだということにされたが、こうした言い訳について調査できうる機会を得たのは、トランプ陣営にとっては朗報だ。

ドミニオンのサーバのデータがドイツのフランクフルトに送られていたことをリアルタイムで突き止めた、退役軍人のウォルドロン大佐を含む精鋭チームが、ドミニオンについて様々に検査を行うことになるのだろう。

トランプ弁護団のジェナ・エリス弁護士は、トランプ陣営のチームが午前8時半(日本時間で12月8日の22時半だと思われる)に現地入りし、8時間にわたってその場に滞在し、概ね48時間後には結果をつかめていることになると語った。

面白い展開になりそうだ。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/07/judge-orders-forensic-audit-of-dominion-voting-machines-in-michigan/
ジェナ・エリス弁護士の引用画像
https://www.nydailynews.com/resizer/XNgZWUMcNi5zYWmxwU6Udae2bCk=/1200×0/top/arc-anglerfish-arc2-prod-tronc.s3.amazonaws.com/public/MSLD6L5MVFFIVL25GM2AKQQLQQ.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)

    韓国の大田市議会のキム・ソヨン議員、落星台経済研究所のイ・ウヨ…

  2. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  3. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  4. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  5. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)
  3. 未分類

    消費税増税の動きを警戒しよう! 財政の方向性を完全に転換せよ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国外しでサプライチェーンを組み直す! アメリカ!(朝香 豊)
  5. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
PAGE TOP