人権・民主主義

中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)

中国で白血病を患う6歳の男児が、わずか2週間待ちで肺移植手術を受けた。

この事例を「中国で最も幼い児童の両肺移植手術の例」だとして、中国メディアは誇らしげに報道したようだ。

手術を担当したのは、全国人民代表大会の代表でもある有名医師で、人民大会堂で開かれていた会議の期間中に休憩時間を利用して病院に向かい、手術を行った。

胚移植手術では、大人の場合でも10年以上の待機時間を必要とするのが通例だが、中国では「1~2週間内を保証」が謳われている。

中国全土の移植病院の移植件数は、公式ドナー登録者を大幅に上回る、年間6万~9万件だと推定されており、弾圧を受けている少数民族などの収容者や政治犯が「ドナー」として利用されている疑いがかけられている。

ちなみにこの移植手術が行われたのは日中友好病院である。

日本のODAで設立されたであろうこの病院で、このような「医療行為」が行われていることには、日本人としては特に不愉快さを禁じえない。

これと関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  2. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも

    これで文政権は終わったね。チョ・グク前大統領府民情…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝…
  2. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプ大統領署名で、「香港人権・民主主義法」が成立! 香港、大盛り上がり!(朝…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)
  5. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)
PAGE TOP