安全保障

香港のデモの中止決定! 問われる西側の敗北! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国共産党が創立されたのは1921年7月23日であり、本来であれば創立100周年の記念行事は7月23日に行うべきである。だが、中国共産党は創立100周年の記念行事を敢えて前倒しをして7月1日に行うことにした。それは7月1日が香港が中国に返還された記念日であり、この記念日を潰すことが目的だと思われる。

事実、香港返還後に毎年行われてきたこの日のデモ活動については、社会民主連線(社民連)、天水連線、守護大嶼連盟の3団体が申請を行っていたが、コロナ感染防止を口実として認められなかった。「民間社会を守り、政治弾圧に抵抗しよう、政治犯を釈放せよ」をスローガンにしたデモとする予定だったが、完全に潰された形になる。通達に違反してデモを行なった場合には、禁錮5年もありうると警告された。

香港の民主派連合の市民団体として知られる「民間人権陣線(民陣)」は「今年の政治的環境」を理由にデモの申請自体を断念した。民陣は国家安全維持法違反の疑いで香港警察の捜査対象とされ、民主派の最大政党である民主党は民陣からの離脱を余儀なくされている。

蘋果日報(アップル・デイリー)がこの時期に発刊停止に追い込まれたのも、7月1日の党創立100周年の際に、民主派に対する勝利を勝ち取っておきたいという、習近平指導部の思惑が働いているのだろう。

本来自由な経済活動が最も嫌うのが、中国式の強権政治のはずである。海航集団の王健、明天集団の肖建華らの中国の富豪がたどっている悲惨な末路を見れば、香港の現状にノーを突きつけるのが西側としては当然だろう。だが、目先の利益に弱い西側経営者たちは、この動きに完全に負けてしまった。たとえば、自由が失われた香港の証券取引所のCEOに米JPモルガン・チェース出身のアグジン氏が就任した。これは香港の人権状況などウォール街は全く気にしないということだろう。

アメリカのバイデン政権もこのアグジン氏の就任に反対する動きを見せなかった。西側と中国のデカップリングが進むどころか、両者の経済的な関係はむしろ深くなってきている。

こうした中で、アメリカのみならず、日本もEUもイギリスも、デカップリングに向かうのを前提とした動きを見せていない。7月1日は中国共産党の当面の勝利を象徴する日となるのだろう。

一方この流れは西側内部での矛盾を拡大させている。ここに着目して旗幟鮮明に西側の大義を推し進める政治リーダーが生まれれば、国民の支持を一気に集めることになるだろう。そうした動きを進めるリーダーの登場を願ってやまない。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

jp.reuters.comの記事
https://jp.reuters.com/article/hongkong-security-handover-idJPKCN2E40Y9
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20210620-F2QUDYKW65OATEOYDKEKIPWKDY/
www.nna.jpの記事
https://www.nna.jp/news/show/2165266
香港デモの画像
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2020/06/08/RTS3AOGV-w640.JPG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    イランではデモで死者100人超! 体制危機か?(朝香 豊)

    国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、イランでのガ…

  2. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!

    韓国検察はチョ・グク氏の妻を在宅起訴した。娘の総長…

  3. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  4. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)

    中国の全国人民代表大会常務委員会法制作業委員会の臧鉄偉報道官は…

  5. 安全保障

    王岐山がなぜか北海道訪問へ! 意図は何だ?(朝香 豊)

    「即位礼正殿の儀」に出席する中国の王岐山国家副主席は、4泊5日…

  6. 経済

    中国、GDP成長率6%目標を事実上取り下げる! 景気減速はごまかせない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)
  3. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)
  5. 未分類

    トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)
PAGE TOP