人権・民主主義

国連人権理事会のアジア太平洋代表に中国が選出! 国連の信頼性がさらに低下!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国は長年、ウイグル・チベット・南モンゴル・香港などでの激しい人権侵害で知られた国だ。

また、今回の新型コロナウイルスの感染も、中国の武漢から広がり、当初に適切な感染防止策を取らなかったことによって、世界中に感染を広げただけでなく、この問題に警告を鳴らした国内の勇気ある人たちの言論を封殺するだけでなく、その身柄も拘束した。

さらに、感染者数や死者数などを小さく見せるために正しい統計数字を発表せず、人から人への感染は限定的だなどの誤った情報を流すことで、世界がこの問題に正しく対処することを妨害した。

ところが、この中国の国連代表部のJiang Duan氏が、国連人権理事会のコンサルタントグループのアジア太平洋代表に選出されてしまったのだ。

言論の自由・拉致・恣意的な拘束を調査する報告官を選出する作業に当たることになる。

言論の自由がなく、拉致や恣意的な拘束も頻繁に行っている中国が、その監督業務で重要な役割を果たすというわけだ。

あのクマラスワミ報告を行ったクマラスワミ女史のような報告官を選出するのに、中国が非常に大きな権限を握ることになったといえば、その重大性がよく理解できるだろうか。

なお、中国と一緒にこの作業を行うのは、スペイン、スロベニア、チャドなどであり、経済的な自立のある人権国家が1つも入っていないというのは、このコンサルタントグループの先行きを非常に心配させることになる。

さて、国際法律家委員会(ICJ)は、極めて危険なコロナウイルスを世界中に拡散させて多くの死を引き起こしたことで、中国と対決する行動を取るように、国連人権理事会に申し立てを行った。

中国が感染拡大阻止になかなか動かなかったことが、世界中の不景気をもたらし、多くの人を失業に追いやり、莫大な損害を発生させたのだから、こうした被害について中国に補償を指示するように求めている。

中国の対応は国連が定めている様々なガイドラインなどにも違反することも指摘している。

さて、このICJの申立てに、中国が強い影響力を持つ国連人権理事会はどう対処するのだろうか。

この扱いがどうなるかも、追っていくつもりだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily Mailの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8187713/China-appointed-position-Human-Rights-Council-despite-long-record-human-rights.html
ネタ元のUN WATCHの記事
https://unwatch.org/china-joins-u-n-human-rights-panel-will-help-pick-experts-on-free-speech-health-arbitrary-detention/
ネタ元のANI NEWSの記事
https://www.aninews.in/news/world/europe/icj-urges-unhrc-to-act-against-china-for-coronavirus-pandemic20200404134826/
画像も同記事から
https://aniportalimages.s3.amazonaws.com/media/details/UNHRC_a0hWd7P.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ma…

  2. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元慰…

  3. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 安全保障

    尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  5. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マッ…

  6. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)

    チェ・スンシル氏って記憶にあるだろうか。朴槿恵前大統領を裏から…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝…
  2. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)
  3. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「アンティファ」のテロ組織指定は難しい! それでもバイデン氏には厳しい!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)
PAGE TOP