人権・民主主義

国連人権理事会のアジア太平洋代表に中国が選出! 国連の信頼性がさらに低下!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国は長年、ウイグル・チベット・南モンゴル・香港などでの激しい人権侵害で知られた国だ。

また、今回の新型コロナウイルスの感染も、中国の武漢から広がり、当初に適切な感染防止策を取らなかったことによって、世界中に感染を広げただけでなく、この問題に警告を鳴らした国内の勇気ある人たちの言論を封殺するだけでなく、その身柄も拘束した。

さらに、感染者数や死者数などを小さく見せるために正しい統計数字を発表せず、人から人への感染は限定的だなどの誤った情報を流すことで、世界がこの問題に正しく対処することを妨害した。

ところが、この中国の国連代表部のJiang Duan氏が、国連人権理事会のコンサルタントグループのアジア太平洋代表に選出されてしまったのだ。

言論の自由・拉致・恣意的な拘束を調査する報告官を選出する作業に当たることになる。

言論の自由がなく、拉致や恣意的な拘束も頻繁に行っている中国が、その監督業務で重要な役割を果たすというわけだ。

あのクマラスワミ報告を行ったクマラスワミ女史のような報告官を選出するのに、中国が非常に大きな権限を握ることになったといえば、その重大性がよく理解できるだろうか。

なお、中国と一緒にこの作業を行うのは、スペイン、スロベニア、チャドなどであり、経済的な自立のある人権国家が1つも入っていないというのは、このコンサルタントグループの先行きを非常に心配させることになる。

さて、国際法律家委員会(ICJ)は、極めて危険なコロナウイルスを世界中に拡散させて多くの死を引き起こしたことで、中国と対決する行動を取るように、国連人権理事会に申し立てを行った。

中国が感染拡大阻止になかなか動かなかったことが、世界中の不景気をもたらし、多くの人を失業に追いやり、莫大な損害を発生させたのだから、こうした被害について中国に補償を指示するように求めている。

中国の対応は国連が定めている様々なガイドラインなどにも違反することも指摘している。

さて、このICJの申立てに、中国が強い影響力を持つ国連人権理事会はどう対処するのだろうか。

この扱いがどうなるかも、追っていくつもりだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily Mailの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8187713/China-appointed-position-Human-Rights-Council-despite-long-record-human-rights.html
ネタ元のUN WATCHの記事
https://unwatch.org/china-joins-u-n-human-rights-panel-will-help-pick-experts-on-free-speech-health-arbitrary-detention/
ネタ元のANI NEWSの記事
https://www.aninews.in/news/world/europe/icj-urges-unhrc-to-act-against-china-for-coronavirus-pandemic20200404134826/
画像も同記事から
https://aniportalimages.s3.amazonaws.com/media/details/UNHRC_a0hWd7P.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米共和党のマコーネル議員、香港市民を支持する声明をトランプ大統領に求める!(朝香 豊)

    アメリカのマコーネル共和党上院院内総務は、トランプ大統領に対し…

  2. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新疆…

  5. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝…
  3. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
PAGE TOP