人権・民主主義

DHC吉田会長のブログ記事の取り上げ方! 問われるメディアの姿勢!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

DHCの吉田嘉明会長が、サントリーがCMに起用したタレントについて、「ほぼ全員がコリアン系の日本人」だとした上で、サントリーが一部の間で「チョントリー」と呼ばれていると、DHCのサイト上のブログに記載したことが波紋を広げている。

この問題をあるまじきヘイトだとしてAbemaTVが取り上げたことにより、広く知られるようになった。「#差別企業DHCの商品は買いません」と書き込むことが、ツイッターで広がっていることを、社会現象として取り上げた形になっている。AbemaTVはこの話を26分以上にわたって重点的に扱い、DHCの商品の不買運動が必ずしもうまく進みそうにないことを問題視した。

私は芸能界に詳しくないこともあって、吉田氏が書き込んだことの真偽はわからない。吉田氏が勝手な思い込みから事実と合わないことを書いたのかもしれない。そうだとした場合に、そこには韓国系の人々への差別意識が介在していることもありうることだろう。

他方、本当にサントリーが意図的にコリアン系のタレントを採用するという方針を貫いているのかもしれない。そうだとした場合には、吉田氏の書き込みがヘイトに当たると決めつけることはできないはずだ。

いずれにせよ、この問題を真っ先に取り上げる資格があるのはサントリーなのであって、サントリーが動いていない段階で、真偽の確認も行えてもいないのに、メディアが率先して取り上げるべきものであるのかは、自分としてはやや疑問だ。

「やや疑問」というあいまいな言い方をしているのは、メディアのあり方によっては取り上げることがあってもおかしくないとも思っているからだ。すなわち、人権に絡む問題に対するアンテナを日頃からよく張っていて、常に問題として取り上げる姿勢を一貫して維持しているのであれば、この問題について深く切り込むことだって、あってもおかしくないとも思うからだ。

一例として考えたいのは、AbemaTVは中国での人権状況を取り上げて、北京オリンピックのボイコット運動が世界的に動いていることを話題として、同程度の時間を使って重点的に取り上げていたりはするのだろうか。私はAbemaTVを日頃見ていないのでこの点はわからないが、そういうことは全くやっていないのであれば、あまりにバランスを失していると言わざるをえない。吉田氏の影響力など、中国の影響力と比べたらないも同然だろう。

DHCなどとは比べ物にならないくらい大きな問題をスルーしながらDHCの問題を取り上げるというのでは、歪んだ前提があるのではないかと疑わざるをえないことになる。中国の行っていることには甘く、吉田氏の発言には厳しい姿勢だとすれば、その意味するものを我々は問題視しなければならないのではないか。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

times.abema.tvの記事
https://times.abema.tv/news-article/8657404
DHCの画像
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210510-00010001-abema-000-1-view.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)

    ホンハイ精密工業の創業者の郭台銘氏は台湾総統選挙に無所属では立…

  2. 人権・民主主義

    学校の反日偏向を告発した高校生が、逆にいじめの対象に! 韓国!(朝香 豊)

    韓国の仁憲高校では、高校3年生150人が高校の反日偏向ぶりを告…

  3. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ト…

  4. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    経営不振の韓国GMで無茶な全面ストが展開される 韓国の自動車産業は消滅の危機か?…
  2. 安全保障

    おかしな方向にどんどん動いていくアメリカ! 警察解体も!(朝香 豊)
  3. 道理

    国立墓地から「親日派」を掘り返す? 韓国国会で今秋可決か!(朝香 豊)
  4. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝…
  5. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
PAGE TOP