安全保障

日米印豪の防衛協力をNATO並に引き上げる! ビーガン国務副長官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのビーガン国務副長官は、日本・インド・オーストラリアとのインド・太平洋地域での4か国防衛協力(QUAD)を、NATOに近いものに本格的に強化したいという考えを明らかにした。

QUADは2007年に当時の安倍総理の提唱により事務レベル協議が開催されたものの、その後の動きはかんばしくなかった。2012年の第二次安倍内閣発足後にも日本からは積極的な働きかけがあったが、各国の思惑が一致せずに鈍い進展しかしてこなかった。

オーストラリアは中国経済に対する依存関係が強く、また日本ほど地政学的に中国の脅威を感じていなかったこともあって、一旦はQUADから離脱していた。

日米豪の潜水艦協力(日本の高性能潜水艦をオーストラリアが導入することを通じて、日米豪の防衛協力体制を緊密にしようとするもの)が、中国の横槍で簡単に挫折したのも、当時のオーストラリアが中国を脅威として見るよりも協力相手として見る傾向が強かったことに起因すると思われる。

インドはアメリカの技術や市場を自国の発展のために求めていはいたものの、アメリカ一極支配を最終的には覆し、世界を構成する多極のうちの1つになろうとする野望を抱いてきた。

その意味では、アメリカの弱体化を望みこそすれ、アメリカを補完するような立場になりかねない枠組みに対する警戒感があったと言える。

このように、自国の防衛のためにアメリカとの緊密な協力を是が非でも必要とする日本とは、オーストラリアもインドもかなり違ったスタンスにいたわけだ。

だが、中国がコロナパンデミックに際して無責任極まりない態度を示し、また戦狼外交によってその本性をさらけ出すに至って、オーストラリアもインドも対中認識を急変させた。

ようやくその環境が整ったと言えるのかしれない。

さて、ビーガン国務副長官は、この4か国が中国の潜在的な脅威からの防御壁として協力していくことを求めており、インド太平洋地域に必ずしも限定しないでこの枠組みを広げていく方針を示した。

ビーガン氏は日米印の3か国でインドのマラバールで毎年行われている軍事演習にオーストラリアが参加することもありうることを示した。

これを通じて、これまで関係が希薄だったオーストラリアとインドとの関係を強化していくものと思われる。

ビーガン氏は今秋にもデリーにこの4か国で会合を開くことが予定されていることも話し、この枠組みが急速に進展していることを明らかにした。

時代は完全に変わったと言えるだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウスチャイナモーニングポストの記事
https://www.scmp.com/news/china/article/3099642/us-seeks-formal-alliance-similar-nato-india-japan-and-australia-state
サウスチャイナモーニングポストからの引用画像(ビーガン国務副長官)
https://cdn.i-scmp.com/sites/default/files/styles/1200×800/public/d8/images/methode/2020/09/01/5a24d454-ebc1-11ea-8288-5c49f42eee5c_image_hires_091250.jpg?itok=Tjy9q-o-&v=1598922779
Indian Defense Newsからの引用画像(QUAD)
https://i1.wp.com/indiandefencenewslatest.com/wp-content/uploads/2019/10/China-downplays-Quad-India-US-Japan-Australia-Meet.png?resize=640%2C410&ssl=1
News1242からの引用画像(そうりゅう型潜水艦)
https://news.1242.com/wp-content/uploads/2019/01/1024px-HMAS_Rankin_2007-2-1.jpg
CNNからの引用画像(戦狼)
https://www.cnn.co.jp/storage/2020/06/05/558b63ee0dac0b61e5399a142a6aeb82/wolf-warrior-ii-super-169.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)

    政府は安全保障上重要な日本企業への外資の出資規制を強化する方向…

  3. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  5. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 人権・民主主義

    ギニア政府が国内の中国人全員を拘束! ギニア人を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)
  2. 経済

    荒唐無稽なホワイトハット! こんなものに騙されるな!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
  4. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!
  5. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)
PAGE TOP