安全保障

武漢市が新型コロナウイルス発生の模擬演習をしていた! これが偶然か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

昨年9月に武漢市では、新型コロナウイルスの発生を想定して、模擬演習を行っていたことが明らかになった。

舞台となったのは武漢天河国際空港で、航空会社から天河国際空港に『間も無く入国する飛行機に体調不良の乗客がおり、呼吸困難で心拍などが安定していない』との連絡が入ったとの想定だった。

1)空港は即時、応急対応体制を発動し、感染者の搬送を行い、2)濃厚接触者と一般接触者を特定して、経過観察し、3)2時間後に新型コロナウイルスによる感染が確認された、との流れで動いていった。

感染病調査、医学検査、臨時検疫ブースの設置、接触者の隔離、患者の移送、衛生処理などの応急措置の全過程を実戦方式で行っていた。

この模擬演習は報道もなされていて、中国のネットユーザーがその報道を発掘し、波紋を呼んでいる。

想像できるのは、新型コロナウイルスを外部で使用した上で、外部からの侵入経路を遮断したものの、新型コロナウイルスの感染者を完全に阻止することができずに飛行機への搭乗を許す事態が発生したというような想定ではなかったか、というものである。

これは例えば、デモ活動が広がる香港などでデモ活動を抑え込むために使用するといった使い方が考えられる。

感染が怖くなれば、集団となって抵抗することは極めて困難になるだろう。

そのための「秘密兵器」として、このウイルスが用意された。

だが、こうした使い方をする前に、実際の新型コロナウイルスは研究所から漏れてしまった。

あくまでも私の妄想であり、頭の体操なのだが、そんなシナリオではないかと考えたくなるような話だ。

単なる偶然の一致だとは、私にはなかなか思えない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51879.html
画像はウィキペディアから「武漢天河国際空港」を引用
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Wuhan_Tianhe_Airport_Inside_4.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカで検問中の警官が射殺される! BLM運動の見直しを!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オク…

  2. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  3. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  4. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  5. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  6. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    旭日旗禁止のために払う韓国側の「努力」を笑ってはならない
  2. 人権・民主主義

    DHC吉田会長のブログ記事の取り上げ方! 問われるメディアの姿勢!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)
  4. 道理

    発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    北京オリンピックのボイコットを米国務省が提起! 日本は逃げずに賛同せよ!(朝香 …
PAGE TOP