安全保障

日米首脳会談は一応評価! ただ、対中政策面では不満!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

菅総理が訪米して、日米首脳会談が開催された。バイデン新政権が初めて招く外国の首脳が日本の菅総理であったことは、日本としても誇らしいことだ。もちろんこの背景には、対中政策が重要になる中で、日本が最前線として最も大切になっているという事情がある。

中国を名指しした上で、自由で開かれたインド太平洋を守るためにともに取り組む姿勢を示し、台湾海峡の平和と安定の重要性を指摘したことは評価できる。だが台湾に関して「両岸問題の平和的解決を促す」との表現に留め、台湾を明確に支持していく姿勢にまでは踏み込めていないところには、物足りなさを感じた。

ウイグルや香港の問題についても具体名を出して「深刻な懸念」は表明したところは評価できる。だが、ウイグルの状況についてジェノサイドだとの表現は避け、香港の国家安全維持法の濫用状況などへの具体的な言及もなかったことにはやはり踏み込み不足を感じた。その結果、当然ながら、これらの点での対中制裁をちらつかせる話も出なかった。

対中政策への踏み込み不足だった一方で、気候変動問題にはかなりの積極性を見せた。2050年までに温室効果ガス排出をゼロにすることを明言しながら、2030年の中間目標の達成に積極的に踏み込んだ。だが、今ここで経済活動に足かせをはめることより、対中国問題を最優先にすべきではないか。優先順位が間違っているのではないかとの思いを禁じえない。

ケチをつけるついでに言っておけば、ホワイトハウスで菅総理を出迎えたのがバイデン大統領ではなく、カマラ・ハリス副大統領であったのはどういうことだろう。これすら、バイデン政権なりの中国への配慮ではないかとの疑いを拭えない。

なお、尖閣の安保適用範囲の確認、北朝鮮のすべての大量破壊兵器とあらゆる射程のの弾道ミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄へのコミットメント、拉致問題の即時解決への協力、東京オリンピック・パラリンピックの実現へのアメリカの支持などについては評価できる。決して内容全体が悪いということはないが、対中配慮が様々に隠れているように感じたところは残念に思っている。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE171BV0X10C21A4000000/
www3.nhk.or.jpの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210417/k10012980541000.html?utm_int=word_contents_list-items_002&word_result=日米首脳会談
日米首脳会談の画像
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210417/K10012980681_2104171247_2104171301_01_02.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!

    北朝鮮の非核化をめぐり、核兵器の放棄をまず行うよう迫る「リビア…

  2. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  4. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  5. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  6. 安全保障

    エスパー国防長官が防衛費2%要求! 日本はこの外圧を利用せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    関電問題の闇 元助役の森山栄治氏は大の人権活動家だった!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    韓国で「検察改革法」成立! これはマズい!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ジョージア州でバイデンが逆転だって! ありえない❗(朝香 豊)
PAGE TOP