未分類

EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

 EU、イギリス、カナダの3カ国は、ウイグルにおける人権弾圧への制裁として、新疆ウイグル自治区の公安のトップである陳明国氏ら4人と新疆生産建設兵団公安局の1団体に対して、資産凍結と渡航禁止、取引禁止の処置を取った。この制裁は中国側にとってほとんど影響を与えない。資産凍結といっても、EU、イギリス、カナダには恐らく資産は持っていないだろうし、穿った見方をすれば、事前に保有資産がないことを確認した上で「制裁対象」として選んだ可能性すらある。アメリカはさらに緩く、制裁対象を陳明国氏ら2人のみに絞っている。

 これに対する対抗処置として、中国は「中国への制裁は受け入れられず、重大な結果をもたらすだろう」と述べ、欧州議員ら10人の個人とEU関連の4団体に中国への渡航を禁じた。こちらもおそらくは実質的な影響はない「制裁」なのだろうが、それでも中国は大きな過ちを犯したことになる。EU側からの制裁は4人と1団体であったのに、中国側からの制裁は10人と4団体に膨れ上がり、明らかに過剰反応である。そして自分たちのメンツを守るために「重大な結果をもたらすだろう」という居丈高な姿勢を見せて、多くの反感を買ったからだ。

 中国とのEUとの間では昨年(2020年)末に包括投資協定の合意ができ、現在欧州議会では同協定の審議が進んでいる。だが、中国側の上から目線と過剰反応によって、議会は同協定の批准を行わない可能性も出てきた。中国が制裁を加えた団体の中には欧州議会人権小委員会も含まれており、欧州議会の態度の硬化はこの点でも避けられない。欧州議会の第2会派である欧州社会・進歩連盟(S&D、中道左派)は「投資協定の議論を始めるには欧州議員への制裁解除が条件だ」との声明を発表したが、「メンツ」にこだわる習近平路線の中国が制裁解除に応じることは考えられない。

 中国の傲慢な態度はこれだけではない。例えばフランスの議員団が台湾を訪問する計画を立てていることについて、中国政府はフランスへの脅迫とも取れるレベルで妨害をしている。シンクタンク「戦略研究財団」の研究員で中国研究を専門とするボンダス氏が、中国の台湾政策に批判的なコメントをしたところ、在仏中国大使館は同氏を「チンピラ」で「狂ったハイエナ」だと罵った。フランスのルドリアン外相はこうした個人攻撃は受け入れられないとして、中国の駐仏大使を呼び出したが、同大使はこれに応じなかった。フランスのボーヌ欧州問題担当相は中国の常軌を逸した言動に対して「フランスも欧州も黙っていない」と語った。

 こうなると、EU側は対中制裁を強化せざるをえなくなるだろう。この問題とは直接関係しないアメリカのバイデン政権にしても、本音では中国とうまくやりたいと思っても、なかなかできない状態になっていく。習近平路線の中で、中国は自滅に向かって動いていると言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODB235TN0T20C21A3000000/
www.afpbb.comの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3338286
www.bloomberg.co.jpの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-23/QQEYO6T0AFB601
EUと中国の国旗の画像
https://sustainablejapan.jp/wp-content/uploads/2021/01/eu-china.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 未分類

    菅総理の功罪を見極めよう! 全否定も全肯定も間違い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私が…

  2. 未分類

    トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 未分類

    台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 未分類

    朝日新聞の誤報の訂正が無残! 台風の冠水報道に関して!(朝香 豊)

    今回の台風報道に関して、朝日新聞は「台風19号の大雨で横浜国際…

  5. 未分類

    中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 未分類

    「サナエタオル」は即完売! ますます広がる高市支持の波!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!高市…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)
  2. 道理

    韓国検察の反撃! チョグク法相の弟の逮捕状請求!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    人権派の動きを中国に連絡! 国連人権高等弁務官事務所!(朝香 豊)
  4. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)
PAGE TOP