安全保障

米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカにある中国大使館の前の通りを、「李文亮プラザ」(Li Wenliang Plaza)という名前にしようという動きが、共和党議員の中で持ち上がっている。

「李文亮」とは、昨年末にSARSのような肺炎が武漢市で広がっていることを、SNSを通じて仲間の医者たちに警告した医師の名前だ。

彼はこの件で警察に拘束され、「反省文」を書かされ、「デマ」を流さないと約束させられることになった。

そしてその後に、彼はこの新型コロナウイルスによる肺炎に罹患し、帰らぬ人となった。

米下院のチェニー議員は、15人の共和党議員で下院に議案を提出できて、光栄だと述べた。

彼女はまた、「真実と自由が最終的には勝利を収めること、李文亮医師の勇気を忘れないこと、中国共産党が彼らの就いた嘘の破壊的な影響に対して責任を負うことを、世界にも中国政府にも絶えず思い出させてくれる役割を果たしてくれることを願う」とも述べた。

おそらくこの提案に反対する議員はいないと思われ、この戦いで中国に対して一歩も引かないアメリカの姿勢を改めて鮮明にすることになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/homenews/house/496678-gop-lawmakers-propose-renaming-street-in-front-of-chinese-embassy-after-wuhan
画像も同上から
https://thehill.com/sites/default/files/styles/thumb_small_article/public/cheneyliz_102219gn5_lead.jpg?itok=46EP1x9F

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ドミニオンの犯罪調査が認められる! ミシガン州で大前進!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  2. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  3. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  5. 安全保障

    ニューヨーク市は医療崩壊! 防護服なく、看護師死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)
  2. 外交

    アメリカに感謝して「トランプ湖」と命名か? コソボとセルビアの国境の湖!(朝香 …
  3. 安全保障

    「日本はアジアで最も対策がずさん」! 日本在住の台湾人女優! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)
PAGE TOP