安全保障

米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカにある中国大使館の前の通りを、「李文亮プラザ」(Li Wenliang Plaza)という名前にしようという動きが、共和党議員の中で持ち上がっている。

「李文亮」とは、昨年末にSARSのような肺炎が武漢市で広がっていることを、SNSを通じて仲間の医者たちに警告した医師の名前だ。

彼はこの件で警察に拘束され、「反省文」を書かされ、「デマ」を流さないと約束させられることになった。

そしてその後に、彼はこの新型コロナウイルスによる肺炎に罹患し、帰らぬ人となった。

米下院のチェニー議員は、15人の共和党議員で下院に議案を提出できて、光栄だと述べた。

彼女はまた、「真実と自由が最終的には勝利を収めること、李文亮医師の勇気を忘れないこと、中国共産党が彼らの就いた嘘の破壊的な影響に対して責任を負うことを、世界にも中国政府にも絶えず思い出させてくれる役割を果たしてくれることを願う」とも述べた。

おそらくこの提案に反対する議員はいないと思われ、この戦いで中国に対して一歩も引かないアメリカの姿勢を改めて鮮明にすることになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/homenews/house/496678-gop-lawmakers-propose-renaming-street-in-front-of-chinese-embassy-after-wuhan
画像も同上から
https://thehill.com/sites/default/files/styles/thumb_small_article/public/cheneyliz_102219gn5_lead.jpg?itok=46EP1x9F

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    中国からの求人を禁止へ! デカップリングに一歩踏み出した台湾!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ソレイマニ暗殺で、却って緊張は低減する! 私の独断!(朝香 豊)
PAGE TOP