安全保障

米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカにある中国大使館の前の通りを、「李文亮プラザ」(Li Wenliang Plaza)という名前にしようという動きが、共和党議員の中で持ち上がっている。

「李文亮」とは、昨年末にSARSのような肺炎が武漢市で広がっていることを、SNSを通じて仲間の医者たちに警告した医師の名前だ。

彼はこの件で警察に拘束され、「反省文」を書かされ、「デマ」を流さないと約束させられることになった。

そしてその後に、彼はこの新型コロナウイルスによる肺炎に罹患し、帰らぬ人となった。

米下院のチェニー議員は、15人の共和党議員で下院に議案を提出できて、光栄だと述べた。

彼女はまた、「真実と自由が最終的には勝利を収めること、李文亮医師の勇気を忘れないこと、中国共産党が彼らの就いた嘘の破壊的な影響に対して責任を負うことを、世界にも中国政府にも絶えず思い出させてくれる役割を果たしてくれることを願う」とも述べた。

おそらくこの提案に反対する議員はいないと思われ、この戦いで中国に対して一歩も引かないアメリカの姿勢を改めて鮮明にすることになるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/homenews/house/496678-gop-lawmakers-propose-renaming-street-in-front-of-chinese-embassy-after-wuhan
画像も同上から
https://thehill.com/sites/default/files/styles/thumb_small_article/public/cheneyliz_102219gn5_lead.jpg?itok=46EP1x9F

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    正しい国防を打ち出せるのは高市氏だけ! 河野、岸田、野田の3氏はピンボケ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フジ…

  3. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

  5. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国人少女がなんとタピオカの飲み過ぎで入院! (朝香 豊)
  2. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    ミャンマーで反軍勢力19人に死刑判決! 日本は国連軍派遣を求めよ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    極左団体「アンティファ」に注意! 反対派のジャーナリストを襲撃! 動画あり!(朝…
PAGE TOP