人権・民主主義

究極の逆転劇! トランプ勝利への道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

様々な情報に翻弄されて、私も毎日考え方がいろいろと変化している。

そしてついに、トランプ大統領の最終的な切り札が思いついたので、それをここに記す。

議事堂襲撃事件の際にナンシー・ペロシ下院議長らのパソコンが十数台が奪われたことはよく知られている。

マキナニー退役中将によれば、ああしたパソコンは米軍の特殊部隊が奪っていったものだという。

つまり、トランプ大統領が米軍に命じて行ったことだ。

当然今、その内容は軍の特殊部隊の中で徹底的に調べられているはずだ。

そしてバイデン当選のための謀議や議事堂襲撃の計画など、絶対に知られたらまずいことがいろいろと記されていることだろう。

これらは不当に奪われたものであり、法律論的には証拠能力はない。

だが、こうした押収を行うことをトランプ大統領が自ら命じたことを明言した上で、そこに書かれている内容の暴露を行ったらどうなるだろうか。

ペロシらは不法行為を犯したことでトランプ大統領を激しく非難し、盗んだパソコンからの情報ゆえに証拠能力がないと訴えるであろう。

そしてこのペロシらの主張は法律論的には完全に正しいはずだ。

トランプ大統領もそのことは認めるであろう。確かにそうだと。

証拠として認められれば、絶対に自分の勝利であるのは確実なのだが、それが認められないで大統領になれないのは実に残念だと、嫌味の一つも言うかもしれない。

ところで、その事実を知ったアメリカ国民はどう反応するだろうか。

そんな法形式論のことよりも実質のほうが遥かに大切であり、バイデンの勝利を認めるわけにはいかないという世論が沸き起こるであろう。

民主主義の求める形式とは、民主主義の実質を実現するために必要なものであり、民主主義の実質の実現を阻むような形で形式にこだわるのは間違っているということを、つきつけることになる。

このことは今回の選挙戦で争われてきた議論の根本に関わる話だ。

そしてそれが米大統領選挙の最後を飾るとしたら、実に美しいとは思わないだろうか。

私はこのエンディングが実現することを願ってやまない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Flickrからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    BBCの受信料廃止への動き! NHKにも影響するか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 安全保障

    新型コロナで飢餓人口が倍増へ! 「世界食糧計画」が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    バイデン政権は全体主義へ! クリントンのアドバイザーも指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!19…

  4. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

  5. 安全保障

    進むドイツの左傾化! 日本やアメリカとの共通点の鍵はマスコミだ!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!川口…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
  2. 外交

    金正恩が文在寅の招待を拒否! 釜山で行われるASEANの会合 (朝香 豊)
  3. 経済

    物価上昇と電力不足への対処を間違える中国 ! サプライチェーンの組み換えが進む予…
  4. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    北朝鮮のミサイル発射を文在寅政権がまたまた擁護! その理由がすごい!(朝香 豊)…
PAGE TOP