人権・民主主義

究極の逆転劇! トランプ勝利への道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

様々な情報に翻弄されて、私も毎日考え方がいろいろと変化している。

そしてついに、トランプ大統領の最終的な切り札が思いついたので、それをここに記す。

議事堂襲撃事件の際にナンシー・ペロシ下院議長らのパソコンが十数台が奪われたことはよく知られている。

マキナニー退役中将によれば、ああしたパソコンは米軍の特殊部隊が奪っていったものだという。

つまり、トランプ大統領が米軍に命じて行ったことだ。

当然今、その内容は軍の特殊部隊の中で徹底的に調べられているはずだ。

そしてバイデン当選のための謀議や議事堂襲撃の計画など、絶対に知られたらまずいことがいろいろと記されていることだろう。

これらは不当に奪われたものであり、法律論的には証拠能力はない。

だが、こうした押収を行うことをトランプ大統領が自ら命じたことを明言した上で、そこに書かれている内容の暴露を行ったらどうなるだろうか。

ペロシらは不法行為を犯したことでトランプ大統領を激しく非難し、盗んだパソコンからの情報ゆえに証拠能力がないと訴えるであろう。

そしてこのペロシらの主張は法律論的には完全に正しいはずだ。

トランプ大統領もそのことは認めるであろう。確かにそうだと。

証拠として認められれば、絶対に自分の勝利であるのは確実なのだが、それが認められないで大統領になれないのは実に残念だと、嫌味の一つも言うかもしれない。

ところで、その事実を知ったアメリカ国民はどう反応するだろうか。

そんな法形式論のことよりも実質のほうが遥かに大切であり、バイデンの勝利を認めるわけにはいかないという世論が沸き起こるであろう。

民主主義の求める形式とは、民主主義の実質を実現するために必要なものであり、民主主義の実質の実現を阻むような形で形式にこだわるのは間違っているということを、つきつけることになる。

このことは今回の選挙戦で争われてきた議論の根本に関わる話だ。

そしてそれが米大統領選挙の最後を飾るとしたら、実に美しいとは思わないだろうか。

私はこのエンディングが実現することを願ってやまない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Flickrからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 道理

    「あいちトリエンナーレ」への補助金不交付へ! (朝香 豊)

    文化庁は「あいちトリエンナーレ2019」に関して、愛知県からの…

  3. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新疆…

  4. 安全保障

    ニューヨーク州も非常事態宣言! これでもパンデミックではないの? WHO!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)

    アメリカのロチェスター大学のイーストマン・フィルハーモニー管弦…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)
  3. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!
  5. 経済

    深圳の一等地マンションが1億円の値下がり ! バブル崩壊につながるか?(朝香 豊…
PAGE TOP