道理

釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

呉巨敦釜山市長が4月23日に、20代の女性公務員に対するセクハラ事実を認めて辞職した。

呉市長に関しては以前から同様のセクハラ疑惑が何度も話題になりながら、「牛も笑うフェイクニュース」とか「人格殺人」にあたると言って反撃し、逆に告発者を「虚偽事実流布」で告発し、損害賠償請求訴訟を起こしたりもしてきた。

このセクハラ事件が起こったのは4月7日のことであり、15日に実施された韓国の総選挙の1週間以上前だ。

呉市長が「総選挙後に4月末までには辞退する」という覚書を交わしていたことがわかっており、大統領府や「ともに民主党」の幹部もこの事実を知りながら総選挙まで隠し通していた疑惑が持ち上がった。

大統領府も「ともに民主党」もともにこの疑惑を否定しているが、それはありえない。

この覚書はセクハラを受けた女性公務員あてに呉市長が一筆しただけのものではなく、公証を受けたものだった。

そしてこの公証事務を行ったのが、文在寅大統領が設立した法律事務所だったのだ。

おそらくは以前「弁護士盧武鉉・文在寅合同法律事務所」を名乗っていた法律事務所だったと思われる。

現在の代表は盧武鉉元大統領の姪の夫である。

ちなみに、現在の大統領府の人事首席秘書官もこの法律事務所の出身だ。

この法律事務所において、事実認定の公証が行われていたのに、表沙汰になったら選挙に重大な影響を及ぼすのが必至のこのセクハラ事件が、「ともに民主党」の幹部や大統領府に一切報告されなかったというのは考えられない。

被害者が最初に尋ねた釜山市の性暴力相談所の所長も文在寅派の人物であった。

呉市長が任命に関わっていたと思われる。

被害者と話し合い、事件解決を目指した呉前市長の側近も、過去に民主党議員の公設秘書を務めたことがあり、最近まで大統領府に勤務していたこともある。

セクハラ問題の通報、受理、公証、メディア対応まで全てが『親文在寅』勢力の垣根の中で行われたとも言え、それは「ともに民主党」の外部に情報がもれないようにするための処置だったのではないかと疑われても仕方ないだろう。

「ともに民主党」の広報担当者は、「無理な憶測はやめろ」と主張しているが、これは「無理な憶測」どころか、「極めて常識的な推論」でしかない。

だが、「ともに民主党」が総選挙で圧勝した今後の韓国では、こういう筋論が通用することはますますなくなっていくであろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://s.japanese.joins.com/JArticle/265263?sectcode=110&servcode=100
ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/28/2020042880143.html
画像は聯合ニュースの記事から
https://img6.yna.co.kr/photo/yna/YH/2020/04/23/PYH2020042306420001301_P2.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

  2. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  4. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

    文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行❗このこ…

  6. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    抑止力を求めながら敵基地攻撃能力を否定するのは矛盾だ! おかしな河野氏の議論!(…
  3. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊…
  5. 経済

    江蘇FCが運営停止! 「蘇寧」の危機は中国の経済危機の縮図!(朝香豊)
PAGE TOP