道理

釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

呉巨敦釜山市長が4月23日に、20代の女性公務員に対するセクハラ事実を認めて辞職した。

呉市長に関しては以前から同様のセクハラ疑惑が何度も話題になりながら、「牛も笑うフェイクニュース」とか「人格殺人」にあたると言って反撃し、逆に告発者を「虚偽事実流布」で告発し、損害賠償請求訴訟を起こしたりもしてきた。

このセクハラ事件が起こったのは4月7日のことであり、15日に実施された韓国の総選挙の1週間以上前だ。

呉市長が「総選挙後に4月末までには辞退する」という覚書を交わしていたことがわかっており、大統領府や「ともに民主党」の幹部もこの事実を知りながら総選挙まで隠し通していた疑惑が持ち上がった。

大統領府も「ともに民主党」もともにこの疑惑を否定しているが、それはありえない。

この覚書はセクハラを受けた女性公務員あてに呉市長が一筆しただけのものではなく、公証を受けたものだった。

そしてこの公証事務を行ったのが、文在寅大統領が設立した法律事務所だったのだ。

おそらくは以前「弁護士盧武鉉・文在寅合同法律事務所」を名乗っていた法律事務所だったと思われる。

現在の代表は盧武鉉元大統領の姪の夫である。

ちなみに、現在の大統領府の人事首席秘書官もこの法律事務所の出身だ。

この法律事務所において、事実認定の公証が行われていたのに、表沙汰になったら選挙に重大な影響を及ぼすのが必至のこのセクハラ事件が、「ともに民主党」の幹部や大統領府に一切報告されなかったというのは考えられない。

被害者が最初に尋ねた釜山市の性暴力相談所の所長も文在寅派の人物であった。

呉市長が任命に関わっていたと思われる。

被害者と話し合い、事件解決を目指した呉前市長の側近も、過去に民主党議員の公設秘書を務めたことがあり、最近まで大統領府に勤務していたこともある。

セクハラ問題の通報、受理、公証、メディア対応まで全てが『親文在寅』勢力の垣根の中で行われたとも言え、それは「ともに民主党」の外部に情報がもれないようにするための処置だったのではないかと疑われても仕方ないだろう。

「ともに民主党」の広報担当者は、「無理な憶測はやめろ」と主張しているが、これは「無理な憶測」どころか、「極めて常識的な推論」でしかない。

だが、「ともに民主党」が総選挙で圧勝した今後の韓国では、こういう筋論が通用することはますますなくなっていくであろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://s.japanese.joins.com/JArticle/265263?sectcode=110&servcode=100
ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/28/2020042880143.html
画像は聯合ニュースの記事から
https://img6.yna.co.kr/photo/yna/YH/2020/04/23/PYH2020042306420001301_P2.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している

    韓国では今、「タマネギ男」とも揶揄されるチョ・グク氏の疑惑でも…

  2. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!19…

  3. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!メル…

  4. 人権・民主主義

    ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

    ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが、旭日旗を巡って韓国人…

  5. 人権・民主主義

    周庭さんは中共とつるんでいる工作員?? 冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!周庭…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝…
  2. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    極左団体「アンティファ」に注意! 反対派のジャーナリストを襲撃! 動画あり!(朝…
  4. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)
  5. 道理

    韓国検察、大統領弾劾へ一歩踏み出したか?(朝香 豊)
PAGE TOP