人権・民主主義

香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 豊)

香港で抗議活動に広く利用されている”HKmap Live “を、Appleは App Store からダウンロードできないようにした。

このアプリを利用して、警官隊の動きを追跡・共有することができるらしい。

アプリの開発者はAppleから「同アプリは、違法行為を促す恐れがある」「ユーザーが警察の取り締まりを回避することができる」とし、アプリの取り下げを通達された。

中国本土では、インターネットを通じて外国の情報と接触するのはできないようになっているが、VPNというアプリを利用すれば、この垣根を乗り越えられるようになっている。このVPNアプリをAppleは、中国国内のApp Store から削除したこともある。

今回もAppleは中国政府からの圧力に屈したものと思われるが、商売を優先せざるをえない民間企業としてはやむをえざるところだろう。それでも寂しいものを感じざるをえない。

香港の人たちがこうした圧力に負けないで頑張ってもらうことを、ただただ願うばかりだ。

これの元ネタの大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47900.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 豊)

    来年1月完成予定の北海道議会新庁舎に自民党が議員控室の喫煙所設…

  2. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  4. 人権・民主主義

    6人の任命見送りの話は出ず? 総理と梶田学術会議会長との会談!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  6. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

    香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)…
  2. 道理

    トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝…
  3. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)
  4. 経済

    国土強靱化の予算執行は5割にとどまる! 弱体化した建設業!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)
PAGE TOP