道理

韓国検察の反撃! チョグク法相の弟の逮捕状請求!(朝香 豊)

ソウル中央地検はチョ・グク法相の家族が運営してきた学校法人を巡る不正疑惑で、チョ・グク氏の弟の逮捕状を請求した。

この疑惑はどういうものなのかは、一般の日本語の記事だけ読んでいるとわかりにくいので、わかる範囲で解説しておく。

ある学園を運営していたチョ・グク氏の父親が亡くなった。こうなると相続が発生することになるが、相続財産はしっかり受け継ぎつつ、負債の返済は何とか逃れることはできないかと、チョ・グク一家は頭を巡らした。

そこで建設会社を経営していた弟が偽装工事代金を請求すればいいというアイディアが浮かんだ。すなわち、実際には架空工事であるにも関わらず、学園から工事代金をまだ受け取っていないことにして、学園を裁判に訴えることを行った。これに対して学園側は有効な反論を出さずに敗訴したという形にした。この架空工事によって、本来は相続にかかるはずの学園の財産が、相続税の課税を逃れて弟の会社のものになったわけだ。

こうすると、多額の工事代金が弟の会社のものになることで、学園の資産額は激減することになる。これは相続財産の圧縮に大いに役立つことになる。

その上で相続した財産額の範囲に返済する借金の範囲を限定する「相続限定承認」を活用して、債務の返済も大幅に減額することに成功したというわけだ。

さらに財産を守るために、弟夫婦は偽装離婚まで行っていたらしい。

これの元ネタの韓国の聯合ニュースの記事https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191004001900882?section=politics/index

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    日韓のメディア系の労組って、こんなに仲いいのね! 共同宣言発表! (朝香 豊)

    韓国の全国言論労働組合(言論労組)と日本マスコミ文化情報労組会…

  2. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小池…

  3. 道理

    トランプ完全復活! 逃げるバイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!管政…

  6. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    2020年夏に、ホンダが自動運転「レベル3」の車を発売へ! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカはイランに追加制裁! イランの体制は本物の危機に!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 …
  4. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)
PAGE TOP