道理

韓国検察の反撃! チョグク法相の弟の逮捕状請求!(朝香 豊)

ソウル中央地検はチョ・グク法相の家族が運営してきた学校法人を巡る不正疑惑で、チョ・グク氏の弟の逮捕状を請求した。

この疑惑はどういうものなのかは、一般の日本語の記事だけ読んでいるとわかりにくいので、わかる範囲で解説しておく。

ある学園を運営していたチョ・グク氏の父親が亡くなった。こうなると相続が発生することになるが、相続財産はしっかり受け継ぎつつ、負債の返済は何とか逃れることはできないかと、チョ・グク一家は頭を巡らした。

そこで建設会社を経営していた弟が偽装工事代金を請求すればいいというアイディアが浮かんだ。すなわち、実際には架空工事であるにも関わらず、学園から工事代金をまだ受け取っていないことにして、学園を裁判に訴えることを行った。これに対して学園側は有効な反論を出さずに敗訴したという形にした。この架空工事によって、本来は相続にかかるはずの学園の財産が、相続税の課税を逃れて弟の会社のものになったわけだ。

こうすると、多額の工事代金が弟の会社のものになることで、学園の資産額は激減することになる。これは相続財産の圧縮に大いに役立つことになる。

その上で相続した財産額の範囲に返済する借金の範囲を限定する「相続限定承認」を活用して、債務の返済も大幅に減額することに成功したというわけだ。

さらに財産を守るために、弟夫婦は偽装離婚まで行っていたらしい。

これの元ネタの韓国の聯合ニュースの記事https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191004001900882?section=politics/index

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!共和…

  2. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)

    韓国での次期韓国大統領候補選好度の調査では、チョ・グク氏は1ヶ…

  3. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  4. 道理

    米軍に安易な基地名見直しの動き! 南北戦争の南部指導者名は外すべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米軍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ウガンダは中国の債務トラップにはまりつつある。中国の戦略には大いに警戒心を持つべ…
  2. 人権・民主主義

    言論封殺された医師の取材記事を中共当局は圧殺! ネット民は必死の対抗処置!(朝香…
  3. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)
  5. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)
PAGE TOP