道理

韓国検察の反撃! チョグク法相の弟の逮捕状請求!(朝香 豊)

ソウル中央地検はチョ・グク法相の家族が運営してきた学校法人を巡る不正疑惑で、チョ・グク氏の弟の逮捕状を請求した。

この疑惑はどういうものなのかは、一般の日本語の記事だけ読んでいるとわかりにくいので、わかる範囲で解説しておく。

ある学園を運営していたチョ・グク氏の父親が亡くなった。こうなると相続が発生することになるが、相続財産はしっかり受け継ぎつつ、負債の返済は何とか逃れることはできないかと、チョ・グク一家は頭を巡らした。

そこで建設会社を経営していた弟が偽装工事代金を請求すればいいというアイディアが浮かんだ。すなわち、実際には架空工事であるにも関わらず、学園から工事代金をまだ受け取っていないことにして、学園を裁判に訴えることを行った。これに対して学園側は有効な反論を出さずに敗訴したという形にした。この架空工事によって、本来は相続にかかるはずの学園の財産が、相続税の課税を逃れて弟の会社のものになったわけだ。

こうすると、多額の工事代金が弟の会社のものになることで、学園の資産額は激減することになる。これは相続財産の圧縮に大いに役立つことになる。

その上で相続した財産額の範囲に返済する借金の範囲を限定する「相続限定承認」を活用して、債務の返済も大幅に減額することに成功したというわけだ。

さらに財産を守るために、弟夫婦は偽装離婚まで行っていたらしい。

これの元ネタの韓国の聯合ニュースの記事https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191004001900882?section=politics/index

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    『弾劾訴追は民主党の自殺行為!」 トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!東日…

  3. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  4. 人権・民主主義

    黒川検事長と安倍内閣は検察にハメられたのでは? これから倒閣運動? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  5. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  6. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    デンマークでコロナ規制撤廃! 日本はデンマークを見習え!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国洪水被害は意外と軽微! 中国メディアが報道!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに再感染! 陽性反応出るも無症状!(朝香 豊)
  5. Featured Video Play Icon

    道理

    NHKは肝心な背景についても丁寧に述べる報道を行え!
PAGE TOP