人権・民主主義

「リベラル」マスコミはトランプ大統領を激しく非難! アメリカ国民の見方と相違!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

白人警官によりジョージ・フロイド氏が死に至らしめられた事件の対応では、トランプ大統領の対応に対する批判がマスコミでは強い。

例えば共同通信の太田昌克編集委員は、「これが果たして国をまとめる国父としての大統領の行いか」と「報道ステーション」で厳しく批判した。

では、普通のアメリカ国民はトランプ大統領の姿勢をどのように見ているのだろうか。

Morning Consult Pollが行った世論調査では、警察が暴動に対処するのを助けるために軍隊を投入することに58%の国民が賛成だとし、反対は30%に留まった。

つまり、賛成派は反対派のほぼ2倍いるわけだ。

軍隊の投入を積極的に支持するとの回答が33%と最も多く、25%がある程度支持するとし、合計で58%が賛成意見だった。

積極的に反対するとの解答は19%で、ある程度反対するは11%で、合計で30%が反対意見だった。

民主党支持者でも、軍隊の投入に賛成する意見は48%に達し、反対意見の43%よりも多かった。

州兵の動員については71%の国民が賛成で、民主党支持者でも63%が賛成だった。

「リベラル」派のメディアの主張は、アメリカ国民の平均的な考え方とは大きくズレていることが、改めて示されたと言えるだろう。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のSummit Newsの記事
https://summit.news/2020/06/02/poll-finds-clear-majority-of-americans-want-military-to-help-police-deal-with-riots/
画像は.teletraderのニュースから
https://www.teletrader.com/trump-urges-nyc-to-call-up-national-guard/news/details/52321265?internal=1&ts=1591295390738
https://cdn.ttweb.net/News/images/179018.jpg?preset=w800_q70

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際的に…

  2. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!

    「朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは韓米同盟があるせ…

  4. 人権・民主主義

    親元から引き離され、「中国化」されるウイグルの子どもたち!(朝香 豊)

    中国共産党は新疆ウイグル自治区から大勢の子供たちを親元から引き…

  5. 道理

    NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

  6. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)

    中国の全国人民代表大会常務委員会法制作業委員会の臧鉄偉報道官は…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)
  3. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
PAGE TOP