人権・民主主義

香港で天安門事件追悼が平穏に開かれた! だが嵐の前の静けさにすぎない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

6月4日は天安門事件の31周年の記念日であった。

香港では毎年この日に事件の犠牲者の追悼行事を行うことで、中国共産党政府に対する抗議の声を上げてきた。

今年香港政府は、新型コロナウイルス感染防止を理由に天安門事件の追悼集会を禁じたが、それでもビクトリア公園への立ち入りができないように囲われた鉄柵を香港の人たちは撤去して、追悼集会を実施した。

彼らの勇敢な行動には、心から敬意を表する。

全国人民代表大会では、香港への「国家安全法」の導入が決定され、香港の民主化運動への取締りが一段と強化された。

香港の立法会でも、中国国歌への侮辱行為を禁じ、違反者には最高で禁固3年が科される「国歌条例」が制定された。

どんどんと締め付けが強化されている、そんな恐怖の中でも多くの人たちが抗議の意志を表すために集まったのだ。

幸いにも、今回香港では目立った弾圧は行われていないようだ。

アメリカでジョージ・フロイド氏の死去への抗議行動が激化し、その報道が世界中を駆け巡っているせいだと思われる。

今は香港で目立つような動きを避けて、アメリカの抗議行動に世界の目が集中するほうがいいとの判断なのだろう。

だからといって、安心はできない。

9月6日に香港では立法会(議会)の選挙があるが、ここに民主派の候補者が多く立候補するのを、中国共産党はどうしても阻止したいはずだ。

禁止集会を実施した民主派の人たちは、この集会参加を理由に今後逮捕される可能性は高いだろう。

「国家安全法」の公布と施行は、今月中にもなされる可能性も高い。

7月1日は香港返還記念日で、この日にも大規模デモが発生することが予想されているからだ。

このときのデモ参加者を「国家安全法」違反で厳しく摘発すれば、民主派の立候補者をさらに抑え込むことができるようになる。

今年の6月4日が割と平穏に行えたことは決して朗報とまで言えるものではなく、嵐の前の静けさのように捉えておいたほうがよいのではないだろうか。

天安門事件の追悼集会が平穏に行われている動画も見つけたので、よかったらこちらも見てもらいたい。(この記事の下部に貼り付けてある。)

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

YouTubeの動画

画像は産経新聞の記事から
https://www.sankei.com/photo/images/news/200604/sty2006040014-f1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)

    台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要…

  2. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ハイチ大統領の殺害! 真の黒幕は中国か?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    語られない熱海の土石流の原因! 背後に同和あり!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ファーウェイ製のデータセンターのセキュリティはデタラメ! パプアニューギニア!(…
  5. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(…
PAGE TOP