安全保障

ラトクリフ報告がようやく出る! 遅すぎ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ラトクリフ米国家情報長官は、1月17日に米議会宛てに書簡を送り、中国当局が2020年のアメリカ選挙に介入したと指摘した。

以前に「報告書」として指摘されていたものはやはりオンブズマン(監察官)のもので、ラトクリフレポートの扱いではなかった。

この書簡によると、CIAの上層部がCIAの分析官が導いた中国当局の選挙介入があったとする主張を撤回させようと圧力をかけていたという。

但し、このレポートには中国がどのような干渉を行っていたのかの具体的な記述はなく、物足りなさを感じざるをえないのは残念だ。

はっきり言って中身が薄い。

また、提出があまりに遅すぎたともいえる。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ラトクリフレポート
https://www.scribd.com/document/491038048/Ratcliffe-Views-on-Intelligence-Community-Election-Security-Analysis#download&from_embed
ラトクリフ国家情報長官.の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fimg.theepochtimes.com%2Fassets%2Fuploads%2F2020%2F08%2F30%2FRep.-John-Ratcliffe-1-1200×675.jpg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)

    米軍の機密指定が解除され、空中を高速飛行する未確認飛行物体をと…

  3. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソレ…

  5. 安全保障

    英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)
  2. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    不法移民を直ちに解放せよ! バイデン政権が指示!(朝香 豊)
  4. 経済

    韓国の輸出12ヶ月連続の減少! 11月は14.3%減!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国検察がチョ・グク法相の自宅を家宅捜索! (朝香 豊)
PAGE TOP