安全保障

ラトクリフ報告がようやく出る! 遅すぎ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ラトクリフ米国家情報長官は、1月17日に米議会宛てに書簡を送り、中国当局が2020年のアメリカ選挙に介入したと指摘した。

以前に「報告書」として指摘されていたものはやはりオンブズマン(監察官)のもので、ラトクリフレポートの扱いではなかった。

この書簡によると、CIAの上層部がCIAの分析官が導いた中国当局の選挙介入があったとする主張を撤回させようと圧力をかけていたという。

但し、このレポートには中国がどのような干渉を行っていたのかの具体的な記述はなく、物足りなさを感じざるをえないのは残念だ。

はっきり言って中身が薄い。

また、提出があまりに遅すぎたともいえる。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ラトクリフレポート
https://www.scribd.com/document/491038048/Ratcliffe-Views-on-Intelligence-Community-Election-Security-Analysis#download&from_embed
ラトクリフ国家情報長官.の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fimg.theepochtimes.com%2Fassets%2Fuploads%2F2020%2F08%2F30%2FRep.-John-Ratcliffe-1-1200×675.jpg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!

    北朝鮮が公開した写真によると、9月10日に北朝鮮が発射したミサ…

  5. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  6. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)
  2. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)
  4. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ウイグル人権法案可決に猛反発! 中国がアメリカの先住民虐殺を非難!(朝香 豊)
PAGE TOP