道理

【予言】イランの体制は崩壊へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

クウェートで3人、オマーンで2人、バーレーンとイラクで1人ずつ、24日に新型コロナウイルスの感染が初めて確認された。

この7人の感染者に共通しているのは、イランへの渡航歴があることだ。

ところでイランでは、公式にはこれまで61人の感染が確認されていて、そのうち12人が亡くなったとしている。

この数字を頭から信じるわけにはいかないだろう。

4カ国に行った7人は全員イランで感染したと推論されるわけだから、イラン国内にはもっと多くの感染者がいるはずだ。

そもそも12人が亡くなっているのであれば、感染者が61人に留まるはずはなかろう。

そんなことを思っていたら、さらに強烈な情報が出てきた。

イラン国内のゴム市(Qom)だけで50人が亡くなっているというのだ。

しかも、準国営のILNA通信社がこれを報じているという。

これが正しいとすれば、イラン政府自体は当然ながらこうした情報を持ちながら、敢えて感染者が61人で死者が12人だと伝えているということになる。

ではなぜか。

イランでは21日に国会議員選挙が行われた。

この国会議員選挙では、現役の国会議員81人を含めて、7000人以上の立候補予定者から立候補の資格が取り上げられ、ハメネイ師に近い保守強硬派が圧倒的に有利な中で行われた。

ハメネイ師としては、自分たちが国民の多数派に信任されていると演出するためには、なるべく高い投票率を確保したかった。

だから、ハメネイ師は、投票は「宗教上の義務」とまで言った。

だが、投票率は42.57%にとどまり、ホメイニ革命後の最低を記録した。

首都テヘランでは、わずかに25%だった。

自分たちが擁立する候補者を圧倒的に有利にしようとするハメネイ師のやり方に、白けた国民が投票に行かなかったためだ。

ともあれ、なるべく高い投票率を確保するためには、投票率をあげるのに邪魔な情報は遮断する必要がある。

だから、新型コロナウイルスの蔓延状況を正しく国民に伝えるわけにはいかないというのが、ハメネイ師の判断だったのだろう。

投票に出かければ、多くの人が集まる場に行くことになるから、感染する恐れが高いことになる。

それを知ったら、国民は投票に行ってくれなくなるだろう。

だから、国内の新型コロナウイルスの蔓延状況を投票が終わるまでは完全にごまかし、投票後に徐々に数字を大きくしていく作戦だったのではないかと思う。

投票前の段階でのイランの公式発表では、感染者5名で死者が2名だったはずだ。

ここから選挙後にどんどん数字を増やしていって、感染者61名で死者は12名というところまで持っていった。

だが、ILNA通信社の「裏切り」によって、実際にはゴム市だけで50人がすでに亡くなっているくらいに感染が広がっていることが明らかにされた。

こうなると、これはウクライナ機の撃墜に関する嘘どころではない。

ハメネイ師らが自分たちの政治的な目的を達成するために、国民の間で感染が広がることを承知の上で、すなわち国民の命を敢えて危険に晒しながら、本当の情報を隠蔽していたことになるわけだ。

これが国民の怒りに火をつけないわけがない。

こうして見ると、イランのハメネイ体制はこれで終わりを迎えるのは確実ではないかと思う。

イラン経由で感染者が流入したことで、周辺国はイランとの行き来を停止させた。

アメリカ主導の経済制裁に苦しんでいる中で、周辺国との密かな交易まで滞るとすれば、このことがイラン経済に与える影響は甚大だ。

さらに、イラン国内では新型コロナウイルスの患者がどんどん広がっており、これに現政権が有効に対処するのは甚だ難しいことになるだろう。

ハメネイ体制が今後国民から信頼を勝ち取る選択肢は全くない。

当面は感染を恐れてデモなどの集団行動は起こせないだろうが、人々の中には現政権を許せないという気持ちは高まっていくはずだ。

これ以外の展開は、残念ながら見通せない。

そしてイランのハメネイ体制が終わりに向かえば、これが北朝鮮や中国に影響を及ぼさないわけがない。

世界は激動の時代に入ったのだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のアルジャジーラの記事
https://www.aljazeera.com/news/2020/02/iran-announces-lowest-voter-turnout-1979-200223135348311.html
これのネタ元のアルジャジーラの記事
https://www.aljazeera.com/news/2020/02/legislator-iran-qom-alleges-virus-coverup-200224100832284.html
これのネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/02/4-93.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

    ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが、旭日旗を巡って韓国人…

  3. 人権・民主主義

    専門家会議の議事録は完全に不要! なんで筋論を最後まで通さないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  5. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  6. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝…
  2. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!
  3. 人権・民主主義

    中国大使がスウェーデンの報道機関を脅迫! スウェーデン政府が呼び出して抗議!(朝…
  4. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)
  5. 道理

    韓国「旭日旗」クレームがポーランドの飲料を販売中止に追い込む! (朝香豊)
PAGE TOP