安全保障

「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

厚生労働省は、抗インフルエンザ薬の「アビガン」を、新型コロナウイルスの治療薬として、事実上承認した。

加藤厚生労働大臣は22日に、研究監察の一環としてアビガン投与を開始したことを述べている。

開発元の富士フィルムHDの広報担当の田口貴広氏は、政府から増産に関する検討要請を受けていることを公表した。

アビガンはインフルエンザ薬の認可の段階で、危険性等についてはすでに明らかになっている。

妊婦への投与には危険があるとされ、また、男女とも、妊娠の可能性のある行為は服用後1週間は避けるべきとされている。

危険情報については、特に新しく調べる必要がないのはありがたい。

効果そのものについてはすでに海外で例が出ているので、国内では効果的な服用量の確定のために、正式認可までしばらく時間がかかるということのようだ。

日本政府はアビガンを(抗インフルエンザ薬として使用した場合の)200万人分をすでに備蓄しており、これを利用すれば、十分に対応が可能だ。

すでに韓国などから引き合いが来ていて、そのことを念頭に置いての増産要請だろうと思われる。

アビガンが正式に認可されれば、風邪をこじらせたのか、インフルエンザに罹ったのか、新型コロナウイルスにやられたのかの区別をしないで、服薬させればいい。

PCRも検査キットも不要で、町のかかりつけ医で十分に対応できる。

こうすれば、感染者のカウントもしないで済む。

仮にアビガンが効かない患者が発生した場合には、カレトラなどの別の薬で対応することも可能だ。

この時だけ、新型コロナウイルスの感染者としてカウントすればいい。

世界中にアビガンを輸出することで、日本は世界に大いに貢献することもできる。

正式認可の流れが見えてきたことで、流れが変わった。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-25/Q68DY6T0G1KZ01
ネタ元の聯合ニュースに記事
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200225003500882

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    自民・中谷氏、新型肺炎の周知期間に疑問! ごもっとも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  4. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

  5. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    愛知トリエンナーレで、大村知事が河村市長に激怒!(朝香 豊)
  3. 未分類

    ドミニオンの嘘が完全崩壊! ジョージア州公聴会!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国は医療物資の不足が深刻! だが、海外支援は求めず! それよりメンツ!(朝香 …
  5. 外交

    グレタさんを支える環境団体のバックに中国政府?(朝香 豊)
PAGE TOP