安全保障

「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

厚生労働省は、抗インフルエンザ薬の「アビガン」を、新型コロナウイルスの治療薬として、事実上承認した。

加藤厚生労働大臣は22日に、研究監察の一環としてアビガン投与を開始したことを述べている。

開発元の富士フィルムHDの広報担当の田口貴広氏は、政府から増産に関する検討要請を受けていることを公表した。

アビガンはインフルエンザ薬の認可の段階で、危険性等についてはすでに明らかになっている。

妊婦への投与には危険があるとされ、また、男女とも、妊娠の可能性のある行為は服用後1週間は避けるべきとされている。

危険情報については、特に新しく調べる必要がないのはありがたい。

効果そのものについてはすでに海外で例が出ているので、国内では効果的な服用量の確定のために、正式認可までしばらく時間がかかるということのようだ。

日本政府はアビガンを(抗インフルエンザ薬として使用した場合の)200万人分をすでに備蓄しており、これを利用すれば、十分に対応が可能だ。

すでに韓国などから引き合いが来ていて、そのことを念頭に置いての増産要請だろうと思われる。

アビガンが正式に認可されれば、風邪をこじらせたのか、インフルエンザに罹ったのか、新型コロナウイルスにやられたのかの区別をしないで、服薬させればいい。

PCRも検査キットも不要で、町のかかりつけ医で十分に対応できる。

こうすれば、感染者のカウントもしないで済む。

仮にアビガンが効かない患者が発生した場合には、カレトラなどの別の薬で対応することも可能だ。

この時だけ、新型コロナウイルスの感染者としてカウントすればいい。

世界中にアビガンを輸出することで、日本は世界に大いに貢献することもできる。

正式認可の流れが見えてきたことで、流れが変わった。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-25/Q68DY6T0G1KZ01
ネタ元の聯合ニュースに記事
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200225003500882

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マッ…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)

    VOA(ボイス・オブ・アメリカ)の報道によると、英国オックスフ…

  4. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実に…

  5. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シン…

  6. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  2. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)
  3. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    オバマゲートに新事実! 左派シンクタンク「ブルッキングス研究所」が関与!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)
PAGE TOP