安全保障

「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

厚生労働省は、抗インフルエンザ薬の「アビガン」を、新型コロナウイルスの治療薬として、事実上承認した。

加藤厚生労働大臣は22日に、研究監察の一環としてアビガン投与を開始したことを述べている。

開発元の富士フィルムHDの広報担当の田口貴広氏は、政府から増産に関する検討要請を受けていることを公表した。

アビガンはインフルエンザ薬の認可の段階で、危険性等についてはすでに明らかになっている。

妊婦への投与には危険があるとされ、また、男女とも、妊娠の可能性のある行為は服用後1週間は避けるべきとされている。

危険情報については、特に新しく調べる必要がないのはありがたい。

効果そのものについてはすでに海外で例が出ているので、国内では効果的な服用量の確定のために、正式認可までしばらく時間がかかるということのようだ。

日本政府はアビガンを(抗インフルエンザ薬として使用した場合の)200万人分をすでに備蓄しており、これを利用すれば、十分に対応が可能だ。

すでに韓国などから引き合いが来ていて、そのことを念頭に置いての増産要請だろうと思われる。

アビガンが正式に認可されれば、風邪をこじらせたのか、インフルエンザに罹ったのか、新型コロナウイルスにやられたのかの区別をしないで、服薬させればいい。

PCRも検査キットも不要で、町のかかりつけ医で十分に対応できる。

こうすれば、感染者のカウントもしないで済む。

仮にアビガンが効かない患者が発生した場合には、カレトラなどの別の薬で対応することも可能だ。

この時だけ、新型コロナウイルスの感染者としてカウントすればいい。

世界中にアビガンを輸出することで、日本は世界に大いに貢献することもできる。

正式認可の流れが見えてきたことで、流れが変わった。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-25/Q68DY6T0G1KZ01
ネタ元の聯合ニュースに記事
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200225003500882

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    Clubhouseのデータはダダ漏れ! 中国のサーバに暗号化もなしで送信!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  3. Featured Video Play Icon
  4. 安全保障

    東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

  6. 安全保障

    中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画 !? トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホワ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    サヨク涙目! 毎日新聞の世論調査でも安倍内閣の支持率は急上昇! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「外交的ボイコット」に過剰反応する中国! 見えてきた北京オリンピック回避の道!(…
  4. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 …
  5. 安全保障

    おかしな方向にどんどん動いていくアメリカ! 警察解体も!(朝香 豊)
PAGE TOP