道理

国立墓地から「親日派」を掘り返す? 韓国国会で今秋可決か!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本の終戦記念日にあたる8月15日は、韓国では日本からの「解放」を祝う「光復節」である。

この光復節にあたり、朝鮮独立運動家の子孫で構成される「光復会」は、国家功労者が祀られた国立墓地である「国立顕忠院」に、「親日派」の人物が69人埋葬されていることを強く批判した。

ソウルにある国立顕忠院

この墓地から「親日派」の墓を取り除き、別の墓地に移葬することについて、現在の国会議員の2/3を超える議員たちが賛成の意思を示していることを、光復会のキム会長が明らかにした。

「光復会」のキム・ウォヌン会長

これを実現するための「国立墓地法」改正案は、すでに韓国の与党「共に民主党」の議員たちによって発議されている。

今秋の国会で成立する可能性もあるようだ。

さて、この件で実に不思議なのは、戦後75年も経ってこの問題が俎上に上っていることだ。

戦前の日本が朝鮮半島に残虐極まりないことを行っており、その日本と結びつくことで不当な利益を得ていた「親日派」への怒りがその当時から盛り上がっていたのであるなら、終戦直後に「親日派」の移葬は行われていたであろう。

なぜ終戦直後になかった怒りが今頃になって盛り上がっているのだろうか。

そこに北朝鮮や中国からのプロパガンダの浸透にすっかりやられた韓国民の哀れな姿がある。

なお、韓国内の「親日派」を断罪するグループの中には、国立顕忠院に埋葬されている「親日派」の墓に汚物を撒いて汚す行為を行っているところもある。

汚物を巻く反親日派

こんな法律が国会で可決されて、「親日派」の墓を暴くような行為を本当に実施したら、日韓の歴史のことがよくわからない欧米の人たちはどう思うだろうか。

そこまで日本はひどいことをしたんだと、彼らに対する同情を高めてくれると彼らは思っているのかもしれない。

だが実際にはむしろ、そのあまりに非文明的な所業にドン引きするのではないだろうか。

親中国、親北朝鮮の方向に国を向かわせるのが彼らの狙いであることからすれば、欧米の人たちがドン引きするかどうかは恐らくどうでもいいのであろう。

日韓関係、米韓関係を破壊することができれば、彼らとしては満足なのだろう。

こうした韓国の国情を考え、韓国投資を行うというのは極めてリスクの高い行為だということを、日本の財界人には再確認してもらいたいものだ。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/7cdc0a14aedccd60a1cb32eb51cf644101417487
ニュースchオフラインからの引用画像(キム・ウォヌン会長)
https://image.ytn.co.kr/general/jpg/2020/0815/202008151410016348_d.jpg
ソウルナビからの引用画像(光復節)
https://imagel.sekainavi.com/images/templates/SEOUL/5056956/68b5803cc30f155f_S.jpg
「情報は自分で習得し、自分で判断する」ブログからの引用画像(汚物を巻く反親日派)
https://stat.ameba.jp/user_images/20190610/14/tetujin50go-2019/ea/9b/j/o0601033614456620126.jpg?caw=800
コネストからの引用画像(国立顕忠院)
https://www.konest.com/varimg/photogallery/Article_Photo/3480/big_215829.jpg
朝日新聞デジタルからの引用画像(中国・北朝鮮国旗)
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190620003522_comm.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ死亡患者の45%がもともと寝たきり! ずれている政府の対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  2. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国の親…

  3. 道理

    大不作の北朝鮮で、軍と農民のトラブルが深刻に! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 中国

    韓国の無法を改めないと出席しないと管総理! 日中韓首脳会談!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!毎年…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカ、公衆衛生上の緊急事態を宣言! 新型肺炎で!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    イランではデモで死者100人超! 体制危機か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    FBIによる16000名のアメリカ国民に対する違法なスパイ行為に関する記録公表を…
  5. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊…
PAGE TOP