人権・民主主義

信じられないくらい緩い警備! 1月6日の米議事堂!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

慰安婦のウソについて書いた本でも知られるマイケル・ヨン氏は、1月6日にワシントンDCの集会に参加した立場から、当日の議事堂の警備が信じられないくらい緩いものだったことを述べた。

ヨン氏によれば、実際のセキュリティーは全くなく、議事堂を襲えと勧めているかのようだった。

米軍の特殊作戦部隊にいた経験のあるヨン氏は、議事堂の襲撃は典型的な群衆コントロール法に影響されていたと信じていると語った。

ヨン氏は午前に開かれた集会の会場からウーバーを使って次の会場である議事堂前に移動した。

ウーバーを使ったので他の人よりは早い段階で現地に到着していたはずだが、そこではすでに人々を誘導している人が何人もいた。メガホンを持って誘導している人もいた。

ヨン氏はそうした人たちの中にアンティファやその関連団体のメンバーが混じっていると信じている。

彼らの中にはヘルメットをしていた者もいるが、そのヘルメットには警察を罵倒する“ACAB”と書かれたものがあるのをヨン氏は見逃さなかった。このサインはアンティファに関連するものであり、トランプサポーターとは関係ない。

1月6日の事件は民主党側から仕組まれたものであり、そこには警察もグルになっていたとの疑いはさらにはっきりしたと言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/lax-security-at-capitol-on-jan-6-unbelievable-war-and-protest-correspondent-says_3650357.html
マイケル・ヨン氏の画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2020/07/09/Screen-Shot-2020-07-02-at-5.22.52-PM-700×420.jpg
アメリカ連邦議会議事堂の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Ftribuneonlineng.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2021%2F01%2FUS-Capitol-Hill-b.jpg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    水害被災者にバキュームカーで給水! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 道理

    接待は東北新社だけではない! 足立議員が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅総…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    道理

    N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)
  3. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
PAGE TOP