人権・民主主義

信じられないくらい緩い警備! 1月6日の米議事堂!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

慰安婦のウソについて書いた本でも知られるマイケル・ヨン氏は、1月6日にワシントンDCの集会に参加した立場から、当日の議事堂の警備が信じられないくらい緩いものだったことを述べた。

ヨン氏によれば、実際のセキュリティーは全くなく、議事堂を襲えと勧めているかのようだった。

米軍の特殊作戦部隊にいた経験のあるヨン氏は、議事堂の襲撃は典型的な群衆コントロール法に影響されていたと信じていると語った。

ヨン氏は午前に開かれた集会の会場からウーバーを使って次の会場である議事堂前に移動した。

ウーバーを使ったので他の人よりは早い段階で現地に到着していたはずだが、そこではすでに人々を誘導している人が何人もいた。メガホンを持って誘導している人もいた。

ヨン氏はそうした人たちの中にアンティファやその関連団体のメンバーが混じっていると信じている。

彼らの中にはヘルメットをしていた者もいるが、そのヘルメットには警察を罵倒する“ACAB”と書かれたものがあるのをヨン氏は見逃さなかった。このサインはアンティファに関連するものであり、トランプサポーターとは関係ない。

1月6日の事件は民主党側から仕組まれたものであり、そこには警察もグルになっていたとの疑いはさらにはっきりしたと言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/lax-security-at-capitol-on-jan-6-unbelievable-war-and-protest-correspondent-says_3650357.html
マイケル・ヨン氏の画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2020/07/09/Screen-Shot-2020-07-02-at-5.22.52-PM-700×420.jpg
アメリカ連邦議会議事堂の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Ftribuneonlineng.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2021%2F01%2FUS-Capitol-Hill-b.jpg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    選挙不正を訴えた動画を即刻削除! YouTubeとVimeo!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マイ…

  2. 人権・民主主義

    ホワイトハウスを離れるお別れスピーチ! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

    キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対す…

  4. 安全保障

    大統領選挙人投票に異議を唱える上院議員が続々と! ペンス副大統領も賛成へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  5. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  6. 人権・民主主義

    共和党グリーン議員が委員会から放逐! 過去のQアノン支持はダメなのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
  2. 道理

    本当に「外交的ボイコット」?! 踏み込みがまだまだ足りない岸田内閣!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)
  4. 道理

    日本学術会議の新メンバーの一部拒否! 菅総理!(朝香 豊)
  5. 中国

    中国共産党が過去の裏切者の話を掲載! 中国高官の米亡命は共産党体制と習近平を揺る…
PAGE TOP