人権・民主主義

信じられないくらい緩い警備! 1月6日の米議事堂!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

慰安婦のウソについて書いた本でも知られるマイケル・ヨン氏は、1月6日にワシントンDCの集会に参加した立場から、当日の議事堂の警備が信じられないくらい緩いものだったことを述べた。

ヨン氏によれば、実際のセキュリティーは全くなく、議事堂を襲えと勧めているかのようだった。

米軍の特殊作戦部隊にいた経験のあるヨン氏は、議事堂の襲撃は典型的な群衆コントロール法に影響されていたと信じていると語った。

ヨン氏は午前に開かれた集会の会場からウーバーを使って次の会場である議事堂前に移動した。

ウーバーを使ったので他の人よりは早い段階で現地に到着していたはずだが、そこではすでに人々を誘導している人が何人もいた。メガホンを持って誘導している人もいた。

ヨン氏はそうした人たちの中にアンティファやその関連団体のメンバーが混じっていると信じている。

彼らの中にはヘルメットをしていた者もいるが、そのヘルメットには警察を罵倒する“ACAB”と書かれたものがあるのをヨン氏は見逃さなかった。このサインはアンティファに関連するものであり、トランプサポーターとは関係ない。

1月6日の事件は民主党側から仕組まれたものであり、そこには警察もグルになっていたとの疑いはさらにはっきりしたと言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/lax-security-at-capitol-on-jan-6-unbelievable-war-and-protest-correspondent-says_3650357.html
マイケル・ヨン氏の画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2020/07/09/Screen-Shot-2020-07-02-at-5.22.52-PM-700×420.jpg
アメリカ連邦議会議事堂の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Ftribuneonlineng.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2021%2F01%2FUS-Capitol-Hill-b.jpg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  2. 人権・民主主義

    香港デモ隊が「香港臨時政府」樹立を宣言? 中国側のやらせではないのか?(朝香 豊)

    香港デモ隊が「香港臨時政府」樹立を宣言したという話が飛び交って…

  3. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)

    「検察改革」に執念を燃やす韓国の文在寅政権は、韓国検察特捜部を…

  4. 人権・民主主義

    州議会の指示なく動かされた投票用紙! 怪しいマリコパ郡の動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  5. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    首里城正殿には電気コードが溶けた痕が見つかる! 管理責任のある沖縄県側の説明はウ…
  2. 安全保障

    オーストラリア初の中国系下院議員が、中国の統一戦線工作に従事していたと報道される…
  3. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    言論封殺された医師の取材記事を中共当局は圧殺! ネット民は必死の対抗処置!(朝香…
  5. 外交

    しつこい韓国! 韓国人教授が「五輪で旭日旗の使用を許すな」と、205カ国のIOC…
PAGE TOP