人権・民主主義

周庭さんは中共とつるんでいる工作員?? 冷静に見よう!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

周庭(アグネス・チョウ)さんに対する疑念・反発が、フェイスブック上で予想以上に強いことを知って、正直に言えばかなりのショックを受けた。

今までに彼女は民主派の動きを撹乱するために送られた中国共産党の工作員だという話を聞いたことは何度かある。

彼女が香港の独立というもともと行っていた主張を、いつしか取り下げたことが気に入らないのかもしれない。

今回の逮捕劇についてもおかしな点がいくつもあるという指摘があり、丸一日程度で保釈されたこと自体も怪しいという見解も目にした。

香港の民主派政党の「香港衆志(デモシスト)」の解散にあたっては、党に残っていた活動資金の残金は、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏と彼女の個人口座に分割して振り込まれたという話だが、これもまた、否定的に捉えられる向きがあるようだ。

彼女が日本の主流派メディアや左翼政党などとも様々に接触していることを、快く思わない人も多い。

こうした様々な点から彼女を否定的に見る見方があるのは一応理解していたつもりだが、ここまで強いとは正直思っていなかった。

ここで彼女を否定的に捉える方に私が尋ねたいのは、彼女がいることで香港の民主派にどんなデメリットが具体的に生まれ、中国共産党を利する作用としてどんなことが生じたのかという点だ。

彼女が「民主の女神」と持ち上げられ、日本の「リベラル」地上波テレビの取材に快く応じ続けてきたことが、香港の民主化に否定的に作用したのだろうか。

今回の彼女の逮捕と保釈は、香港のことを日頃はあまり積極的に報道しようとしない日本のテレビ局でもきちんと取り上げられたようだが、それは香港の問題を日本の人たちに伝えるのに大いにプラスの作用を果たしたのではなかったか。

私は彼女が右も左も問わずに、自分の主張に耳を傾けてくれるマスコミとの関係を、時間をかけて徐々に深めてその存在感を高めていったことは、香港の民主派にとって非常に大きな役割を果たしてきたと思う。

さて、中国共産党内部には習近平総書記を快く思わない勢力も存在する。

そうした勢力が反習近平運動の一環として彼女の存在を利用しようとすることはありうる。

そしてそういう流れの中で彼女が利用されたら、彼女は中国共産党の工作員だということになるのだろうか。

むしろそういう動きがあるとすれば、それは中国共産党内部の分裂を誘うという点では、むしろ民主派には好都合なのではないだろうか。

そもそも彼女を様々な形で貶める情報工作は、中国共産党の側からは当然仕掛けられてくるであろう。

彼女を否定的に捉える見方は、この動きに乗ったものにはならないだろうか。

彼女を否定的に捉える動きが生じた場合に、一体誰が得をして、誰が損をするのだろうか。

このあたりを冷静に考えてもらいたいのだ。

さて、彼女が自分を支えてくれる「パトロン」を求めているのは、自己利益を求めているからではないかと疑う人もいるようだ。

私は、仮にそうだったとしても全く構わないという立場だ。

彼女には無数の「パトロン」がいるという情報が、香港民主派の力になり、中国共産党にとっての脅威になるからである。

彼女が求めているのは1人あたり1ヶ月数百円程度の「パトロン」だ。

こうした「パトロン」が仮に10万人集まっているということがあれば、身銭を切って彼女を支えている人が10万人もいるということになり、それが香港民主派の大きな支えになる。

中国共産党はそれだけのバックのいる彼女に対してひどい扱いをすることは難しくなる。

ちなみに、中国共産党は彼女の口座を凍結することくらいいつでもできるから、集まっている金額がそのまま彼女が自由に使える金額になるわけではない。(すでに凍結されたという話もどこかで見た気がするのだが、現在確認できず。)

私が彼女が求める「パトロン」活動を応援するのは、まさにこの香港民主派の大きな支えになるという意味合いからだ。

彼女がどれほど大きな相手と戦ってきたのか、それがいかに怖いことであるか、想像してもらいたい。

だから私は彼女のことを「環境保護運動家」のグレタさんと同列に考えることには大いなる違和感を感じる。

グレタさんは安全なところから好き勝手なことをヒステリックに話しても、何も問題になることはない。

そしてそれがそのままビジネスに直結する。

周庭さんは、自分の言いたいことを好き勝手に話すわけにはいかず、今は国家安全法との兼ね合いでさらに使う言葉を慎重にしなければならなくなっている。

彼女のような目立つアイコンを作り出すというのは、香港民主派が世界中の関心を集めるために必要だったのではないだろうか。

彼女は自分が求められる役回りを自覚した上で、その役割を果たしてきたのだと思う。

そしてそういう役割を果たせば、彼女に対して口さがない批判が及ぶことも、恐らく承知の上で引き受けたのではないかと思う。

私は多くの仲間に、私と一緒に彼女を応援してもらいたいと思っている。

「パトロン」になって応援してもいいと思うのであれば、ぜひとも以下のリンクに飛んでもらいたい。
https://www.patreon.com/agneschow
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日テレNews24からの引用画像(周庭氏)
https://cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net/v1/static/3974243805001/4c709667-5e60-4739-908c-711cf52dfef9/91e80235-32a1-4e23-8b36-7e75bb125125/640×360/match/image.jpg
AFPBBからの引用画像(香港衆志(デモシスト)解党)
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/5/-/img_c57f750c0e2cef3404913db611a248da188745.jpg
YouTubeのサムネイル画像(周庭氏保釈を報じるテレ東)
https://i.ytimg.com/vi/0q3jOs0UR08/maxresdefault.jpg
ビジネスジャーナルからの引用画像(グレタさん)
https://biz-journal.jp/wp-content/uploads/2019/10/12289910.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!⭐⭐…

  2. 道理

    トルコにいる約50万人のウイグル難民! 収容所に親が捕えられた子どもも多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  3. 安全保障

    今なお「安保法制=戦争法」だと主張! あまりに無責任な日本共産党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!
  2. 安全保障

    重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)
  4. 経済

    FRBのパウエル議長がさらなる財政政策を求める! 問われる日本との違い!(朝香 …
  5. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
PAGE TOP