安全保障

ファーウェイ製のデータセンターのセキュリティはデタラメ! パプアニューギニア!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

パプア・ニューギニアが中国から約60億円の資金を借りてファーウェイに作らせたサイバーセキュリティーの行き届いているはずのデータセンターが、計画段階での設計要求を満たしておらず、スパイ活動に脆弱なものであることが明らかになった。

使われている暗号化のソフトウェアがそもそも時代遅れのもので、通信を暗号化するのに使われているアルゴリズムは明らかに使いものにならないもので、ファイアウォールも操業開始の2018年の段階で、すでに2016年でサポート終了となっていた旧世代のものだった。

このため外部からアクセスがあっても、システムのセキュリティー設定では検知されないものだった。

ファーウェイがこのような仕様にしたのは意図的なものだとしか考えられないが、ファーウェイは、適切な業界基準と顧客要求に準拠していると、奥目もなく主張している。

パプア・ニューギニア政府は、政府文書をこのデータセンターに移管させる計画を立てていたが、このためできない事態になった。

この状態をなんとか直したいと考え、パプア・ニューギニア政府はオーストラリア政府に財政支援を求めたが、オーストラリア政府は全面的な再構築が必要だとして、拒絶した。

なお、パプア・ニューギニアは同国の島々とインドネシアを結ぶ海底ケーブルの敷設を、アメリカ・オーストラリア・日本の反対を押し切ってファーウェイに任せてしまった。

このため、パプア・ニューギニアやソロモン諸島とオーストラリアを結ぶケーブルからファーウェイのアクセスを排除するために、オーストラリアは2億ドルかけた対策を取らざるをえなくなった。

こうしたパプア・ニューギニアの例を見れば、中国やファーウェイがネットワークに関わるといかに危険であるかがわかるだろう。

さて、2018年にはエチオピアにあるアフリカ連合の本部ビルでは、5年間にわたって毎晩データが中国に送られているのが見つかったが、このアフリカ連合の本部ビルの建設に融資を付け、建設を請け負ったのも中国だった。

アメリカは、こうした中国のあり方に批判を向け、インターネットのネットワークからファーウェイの排除を進めている。

これに対して中国の王毅外相は、「明確な証拠もないのに、アメリカは中国の一私企業に対する全世界的なネガティブキャンペーンを始めた」「これは教科書に乗るくらいのいじめの典型例だ。アメリカの狙いは科学技術分野における独占を維持し、他国が発展を求める正当な権利を認めないというものだ。これは公正な取引を求める国際法に違反するのみならず、自由な国際市場環境を傷つけるものでもある」と述べている。

我々が対峙するのは、こういう面の皮の厚い国だということを忘れてはならない。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のdatacenterdynamics.comの記事
https://www.datacenterdynamics.com/en/news/australia-huaweis-papua-new-guinea-data-center-security-openly-broken-making-potential-spying-easy/
Taiwan Newsからの引用画像(Huawei)
https://tnimage.s3.hicloud.net.tw/photos/2020/05/16/1589632174-5ebfdcaeb8d88.jpeg
BBCからの引用画像(パプア・ニューギニア)
https://ichef.bbci.co.uk/news/1024/branded_news/88F6/production/_107826053_2fc69f2a-b2f1-45cd-8aac-ab4d9ae4139b.gif
Adaptusからの引用画像(暗号化)
https://adaptus.com/wp-content/uploads/2020/02/data-encryption_2.jpg
Britannicaからの引用画像(Australia)
https://cdn.britannica.com/86/183586-050-A05EF881/World-Data-Locator-Map-Australia.jpg
Political Economistからの引用画像(アフリカ連合)
https://www.politicaleconomistng.com/wp-content/files/2020/04/AU.png
China Dailyからの引用画像(王毅外相)
https://www.chinadailyhk.com/attachments/image/35/113/66/429538_137954/429538_137954_800_450_jpg.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サイ…

  4. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香…
  2. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    過剰防衛に走る、中国の建国70周年軍事パレード 厳戒態勢!  (朝香 豊)
  4. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  5. 安全保障

    コロナは生物兵器であり、これで中国はアメリカに勝利した! 北京大学教授の陳平氏が…
PAGE TOP