人権・民主主義

反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の反体制派で知られる、清華大学法学院の許章潤教授が、行方不明になった。

彼のSNSのアカウントも遮断されている。

許章潤教授は、武漢発の新型肺炎への対応に関して、習近平体制を批判する文章をネット上に公開し、言論の自由を求める公開書簡を全国人民代表大会に向けて発表した。

彼は「憤怒する人民はこれ以上恐れない」という題名の記事を海外のウェブサイトに寄稿し、中国国内で市民社会とメディアの自由が抹殺されたことが、新型肺炎の早期対応に失敗した原因だと主張した。

なお、彼には職務停止と教授職剥奪の経験がある。

彼は「私が処罰を受けるだろうとあまりにも簡単に予見できる。まちがいなくこれは私が書く最後の文になるだろう」とも書いている。

まさに命懸けだ。

拘束されていても、彼が消されることなく、無事に生きていることを願っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://s.japanese.joins.com/JArticle/262620?sectcode=A00&servcode=A00

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

  2. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リー…

  3. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

  4. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
  4. 道理

    経産省、韓国の「遺憾の意」を完全否定!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    北京大学との共同学位プログラム計画を否決! コーネル大学教授会!(朝香 豊)
PAGE TOP