韓国・北朝鮮

韓国対北朝鮮のサッカーの試合 TV放送できない模様!(朝香 豊)

北朝鮮にどうしてここまで韓国が冷遇されることになるのか、わからないが、15日に北朝鮮の首都ピョンヤンで予定されている韓国対北朝鮮のサッカーの試合を、韓国のテレビ局が放映できない事態に陥っている。

北朝鮮による韓国の冷遇ぶりはすさまじい。

韓国選手団のビザの発給の承認が下りる見通しが立ったのは、試合の4日前の11日になってのことだ。実はビザは正式にはまだ下りていない。通例では1ヶ月前にはクリアしているはずのことが、試合4日前になっても終わっていないのだ。

しかも、韓国から北朝鮮への直接の入国は認められず、一旦北京に行き、北京でビザの発給をもらい、翌日の午後にようやく北朝鮮行きの飛行機に乗ることができるという有様だ。

そしてその翌日が試合日なので、現地での練習もほとんど行えないのが実際だ。

韓国の放送局は日本にある朝鮮総連系のエージェント企業を通じてテレビ中継の承認を求めているが、いまだにOKの連絡がもらえていない。

今後合意に至ったとしても、取材スタッフのビザ申請が認められるかどうかもわからず、準備を含めた時間から考えると事実上不可能な状態に陥ったようだ。

というわけで、韓国民が楽しみにしているこの試合は、テレビ中継されることなく終わりそうだ。

これに対して韓国政府は有効な対策が全く打てていない。

「何の回答もなく残念だ」「引き続き様々な方面から打診していきたい」との回答に終始するしかなかったようだ。

こんなに北朝鮮のために尽くしているというのに、韓国が哀れでならない。

これの元ネタとなる朝鮮日報聞の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/12/2019101280016.html
トップ画像はYahoo!ニュースの記事からhttps://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190718-00134689/
https://rpr.c.yimg.jp/im_sigg2PO0hiLLCoTFrxXhS8_m_w—x800-n1/amd/20190718-00134689-roupeiro-000-5-view.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)

    「検察改革」に執念を燃やす韓国の文在寅政権は、韓国検察特捜部を…

  2. 人権・民主主義

    韓国大統領府が家宅捜索を拒否! 検察最後の意地を力づくで潰す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  5. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!メル…

  6. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)
  2. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)
PAGE TOP