韓国・北朝鮮

韓国対北朝鮮のサッカーの試合 TV放送できない模様!(朝香 豊)

北朝鮮にどうしてここまで韓国が冷遇されることになるのか、わからないが、15日に北朝鮮の首都ピョンヤンで予定されている韓国対北朝鮮のサッカーの試合を、韓国のテレビ局が放映できない事態に陥っている。

北朝鮮による韓国の冷遇ぶりはすさまじい。

韓国選手団のビザの発給の承認が下りる見通しが立ったのは、試合の4日前の11日になってのことだ。実はビザは正式にはまだ下りていない。通例では1ヶ月前にはクリアしているはずのことが、試合4日前になっても終わっていないのだ。

しかも、韓国から北朝鮮への直接の入国は認められず、一旦北京に行き、北京でビザの発給をもらい、翌日の午後にようやく北朝鮮行きの飛行機に乗ることができるという有様だ。

そしてその翌日が試合日なので、現地での練習もほとんど行えないのが実際だ。

韓国の放送局は日本にある朝鮮総連系のエージェント企業を通じてテレビ中継の承認を求めているが、いまだにOKの連絡がもらえていない。

今後合意に至ったとしても、取材スタッフのビザ申請が認められるかどうかもわからず、準備を含めた時間から考えると事実上不可能な状態に陥ったようだ。

というわけで、韓国民が楽しみにしているこの試合は、テレビ中継されることなく終わりそうだ。

これに対して韓国政府は有効な対策が全く打てていない。

「何の回答もなく残念だ」「引き続き様々な方面から打診していきたい」との回答に終始するしかなかったようだ。

こんなに北朝鮮のために尽くしているというのに、韓国が哀れでならない。

これの元ネタとなる朝鮮日報聞の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/12/2019101280016.html
トップ画像はYahoo!ニュースの記事からhttps://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190718-00134689/
https://rpr.c.yimg.jp/im_sigg2PO0hiLLCoTFrxXhS8_m_w—x800-n1/amd/20190718-00134689-roupeiro-000-5-view.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 韓国・北朝鮮

    青瓦台(韓国大統領府)のツイッターが、なんと、鍵アカに! (朝香 豊)

    韓国大統領府の公式ツイッターアカウントが鍵アカウントになってい…

  2. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク法相任命に、韓国野党党首も丸刈り抗議! (朝香 豊)

    すでに無所属の女性議員が10日に丸刈にしていたが、韓国の保守系…

  3. 経済

    韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

  5. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  6. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)

    韓国の大田市議会のキム・ソヨン議員、落星台経済研究所のイ・ウヨ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
  2. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)
  3. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP