韓国・北朝鮮

韓国対北朝鮮のサッカーの試合 TV放送できない模様!(朝香 豊)

北朝鮮にどうしてここまで韓国が冷遇されることになるのか、わからないが、15日に北朝鮮の首都ピョンヤンで予定されている韓国対北朝鮮のサッカーの試合を、韓国のテレビ局が放映できない事態に陥っている。

北朝鮮による韓国の冷遇ぶりはすさまじい。

韓国選手団のビザの発給の承認が下りる見通しが立ったのは、試合の4日前の11日になってのことだ。実はビザは正式にはまだ下りていない。通例では1ヶ月前にはクリアしているはずのことが、試合4日前になっても終わっていないのだ。

しかも、韓国から北朝鮮への直接の入国は認められず、一旦北京に行き、北京でビザの発給をもらい、翌日の午後にようやく北朝鮮行きの飛行機に乗ることができるという有様だ。

そしてその翌日が試合日なので、現地での練習もほとんど行えないのが実際だ。

韓国の放送局は日本にある朝鮮総連系のエージェント企業を通じてテレビ中継の承認を求めているが、いまだにOKの連絡がもらえていない。

今後合意に至ったとしても、取材スタッフのビザ申請が認められるかどうかもわからず、準備を含めた時間から考えると事実上不可能な状態に陥ったようだ。

というわけで、韓国民が楽しみにしているこの試合は、テレビ中継されることなく終わりそうだ。

これに対して韓国政府は有効な対策が全く打てていない。

「何の回答もなく残念だ」「引き続き様々な方面から打診していきたい」との回答に終始するしかなかったようだ。

こんなに北朝鮮のために尽くしているというのに、韓国が哀れでならない。

これの元ネタとなる朝鮮日報聞の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/12/2019101280016.html
トップ画像はYahoo!ニュースの記事からhttps://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190718-00134689/
https://rpr.c.yimg.jp/im_sigg2PO0hiLLCoTFrxXhS8_m_w—x800-n1/amd/20190718-00134689-roupeiro-000-5-view.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!強力…

  2. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  3. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)

    韓国の大田市議会のキム・ソヨン議員、落星台経済研究所のイ・ウヨ…

  4. 人権・民主主義

    河野文書の上書きで、ラムザイヤー教授や金柄憲氏を支援しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!慰安…

  5. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  6. 人権・民主主義

    韓国外交官のセクハラ! 対応の悪さでニュージーランドが激怒!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国が良心の囚人から臓器を強制摘出しているとの調査結果を、英国の独立民衆法廷は国…
  2. 道理

    トランプ大統領の法務チームがCNNを偏向報道で訴えると警告!(朝香 豊)
  3. 経済

    ドイツ銀行はデフォルトではない! 誤解はしないで!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国共産党がさらに強力なウイルスを放出する可能性! アメリカ亡命の大富豪の郭文貴…
  5. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)
PAGE TOP