人権・民主主義

想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は、人工衛星が撮影した画像と統計モデリングを基に、ウイグルで取り壊されたり損傷を受けたモスクが1万6000に及んでいると発表した。

破壊前のモスクの画像

破壊後のモスクの画像。上下の4箇所の部分をそれぞれ見比べてもらいたい。

ちなみに2010年には約25000のモスクがあったとされており、2/3のモスクに影響が及んでいることになる。

2020年のオレンジ部分が損傷を受けたことが衛星画像で確認されたモスクの数、青の部分が衛星画像で損傷が確認できなかったモスクの数

モスクの破壊は大半が過去3年以内で、8500のモスクが完全に破壊されたとされているので、完全に破壊されたモスクは1/3に及ぶことになる。

イスラム教の礼拝所や墓地、巡礼路なども3分の1近くが完全に破壊されているという。

破壊された墓地。左右の画像を見比べると、2019年には完全に破壊されていることがわかる。

ウイグルで現在行われていることは、悪名高い文化大革命時代に行われていたことと変わらないと言えるだろう。

なお、中国外務省はこの発表を行ったASPIについて、「反中の調査報告書や虚偽の情報」を発表していて、「学術的な信頼性」に欠けるとしている。

この中国政府の見解をそのまま信じる人はいるのだろうか。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のASPIのレポート
https://www.aspi.org.au/report/cultural-erasure
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3306607?cx_part=top_topstory&cx_position=1
ASPIのレポートからの引用画像(モスクの数)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig1.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊前のモスクの画像)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig5.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊後のモスクの画像)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig6.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(赤化させられたモスク)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig13.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊された墓地)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig22.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  2. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    新型コロナウイルスは報道よりずっと危険! !(朝香 豊)
  2. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
  3. 経済

    中国経済のプラス成長は与太話! 全く信頼してはならない!(朝香 豊)
  4. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)
  5. 経済

    物価上昇と電力不足への対処を間違える中国 ! サプライチェーンの組み換えが進む予…
PAGE TOP