人権・民主主義

想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は、人工衛星が撮影した画像と統計モデリングを基に、ウイグルで取り壊されたり損傷を受けたモスクが1万6000に及んでいると発表した。

破壊前のモスクの画像

破壊後のモスクの画像。上下の4箇所の部分をそれぞれ見比べてもらいたい。

ちなみに2010年には約25000のモスクがあったとされており、2/3のモスクに影響が及んでいることになる。

2020年のオレンジ部分が損傷を受けたことが衛星画像で確認されたモスクの数、青の部分が衛星画像で損傷が確認できなかったモスクの数

モスクの破壊は大半が過去3年以内で、8500のモスクが完全に破壊されたとされているので、完全に破壊されたモスクは1/3に及ぶことになる。

イスラム教の礼拝所や墓地、巡礼路なども3分の1近くが完全に破壊されているという。

破壊された墓地。左右の画像を見比べると、2019年には完全に破壊されていることがわかる。

ウイグルで現在行われていることは、悪名高い文化大革命時代に行われていたことと変わらないと言えるだろう。

なお、中国外務省はこの発表を行ったASPIについて、「反中の調査報告書や虚偽の情報」を発表していて、「学術的な信頼性」に欠けるとしている。

この中国政府の見解をそのまま信じる人はいるのだろうか。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のASPIのレポート
https://www.aspi.org.au/report/cultural-erasure
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3306607?cx_part=top_topstory&cx_position=1
ASPIのレポートからの引用画像(モスクの数)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig1.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊前のモスクの画像)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig5.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊後のモスクの画像)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig6.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(赤化させられたモスク)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig13.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊された墓地)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig22.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 安全保障

    バイデン政権は全体主義へ! クリントンのアドバイザーも指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!19…

  3. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ジョージア州でバイデンが逆転だって! ありえない❗(朝香 豊)
  3. 安全保障

    習近平が本気でブロックチェーンとデジタル人民元に取り組む方針を表明! (朝香 豊…
  4. 安全保障

    北朝鮮のミサイル精度の向上の影に韓国! 軍事技術ダダ漏れ!(朝香 豊)
  5. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)
PAGE TOP