人権・民主主義

想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は、人工衛星が撮影した画像と統計モデリングを基に、ウイグルで取り壊されたり損傷を受けたモスクが1万6000に及んでいると発表した。

破壊前のモスクの画像

破壊後のモスクの画像。上下の4箇所の部分をそれぞれ見比べてもらいたい。

ちなみに2010年には約25000のモスクがあったとされており、2/3のモスクに影響が及んでいることになる。

2020年のオレンジ部分が損傷を受けたことが衛星画像で確認されたモスクの数、青の部分が衛星画像で損傷が確認できなかったモスクの数

モスクの破壊は大半が過去3年以内で、8500のモスクが完全に破壊されたとされているので、完全に破壊されたモスクは1/3に及ぶことになる。

イスラム教の礼拝所や墓地、巡礼路なども3分の1近くが完全に破壊されているという。

破壊された墓地。左右の画像を見比べると、2019年には完全に破壊されていることがわかる。

ウイグルで現在行われていることは、悪名高い文化大革命時代に行われていたことと変わらないと言えるだろう。

なお、中国外務省はこの発表を行ったASPIについて、「反中の調査報告書や虚偽の情報」を発表していて、「学術的な信頼性」に欠けるとしている。

この中国政府の見解をそのまま信じる人はいるのだろうか。
 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のASPIのレポート
https://www.aspi.org.au/report/cultural-erasure
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3306607?cx_part=top_topstory&cx_position=1
ASPIのレポートからの引用画像(モスクの数)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig1.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊前のモスクの画像)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig5.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊後のモスクの画像)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig6.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(赤化させられたモスク)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig13.jpg
ASPIのレポートからの引用画像(破壊された墓地)
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2020-09/pb38-fig22.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  2. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  3. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ラ…

  4. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「国家安全維持公署」の署長が決定! 対デモ鎮圧強硬派! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 …
  3. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)…
PAGE TOP