安全保障

中国は2月段階でワクチン生産! 開発責任の陳薇少将が公言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国人民解放軍の生物兵器防衛研究の第一人者である陳薇少将(女性)は、新型コロナウイルスの遺伝子組み換えワクチンが2月26日に生産され、この日は奇しくも彼女の誕生日でもあったと語っていることがわかった。

彼女は以前から中国国内ではちょっとした有名人で、諸外国にどんどんケンカを売りまくる「戦狼外交」の言葉のもとになった映画「戦狼2」においても、彼女をモデルにした陳博士という登場人物が出てくるそうだ。

それはさておき、新型コロナウイルスのせいで中国の武漢が都市封鎖になったのは1月23日で、これを受けて陳薇少将が武漢入りしたのは1月26日だったから、それからちょうど1ヶ月でワクチンを開発したことになる。

中国は3月3日の段階ですでに陳薇少将を含む7人にこのワクチンを接種したとしていた。

3月にこのことを報じたネットニュースに掲載された薬瓶の写真には、ワクチンの製造年月日が2020年2月26日となっていて、当時からことの真偽について物議を醸していた。

開発されたワクチン(記載されている日付に注目)

開発を担当した陳薇少将自身が全国の小中学校向けの放送でこのことを明確に認めた。

さて、この開発スピードは現実的に可能なのだろうか。

陳薇少将が言っているのはおそらく「ワクチン」というよりも「ワクチン候補」であり、安全性が高いとされる不活化ワクチンなのかもしれない。

不活化ワクチンというのは、元のウイルスをバラバラにしたようなもので、接種しても増殖力のないタイプである。それゆえ接種しても安全性が高いとされる。

これであれば、3月3日に接種したというのもわからないでもない。

不活化ワクチンと遺伝子組み換えワクチンというのが両立するのかどうかは、自分にはわからない。

ともあれ、接種しても危険性はないとみなせるワクチン候補がこのスピードでできるかどうかは、私にはわからないが、専門知識のある方にはぜひとも教えてもらいたい。

これに関連して、もうひとつ見逃したくない疑惑がある。

それはこのワクチンの製造を行うカンシノ・バイオロジクスの株価のことだ。

特に材料もないのに、昨年11月下旬から突如上がり始め、12月末には1.5倍に達していたと言われている。(10月頃からの動きもすでに怪しいという見解もある。)

確かにチャートを見ると株価は大きく動いているが、株価を動かすような材料が本当になかったのかどうかは私にはわからない。

仮になかったとしたら、ワクチンはこの騒動が起こる前から準備されており、カンシノ・バイオロジクスが新型コロナウイルスの世界初のワクチン開発企業として将来名乗りを上げることが前提となっていた疑惑が浮上する。

こうなると、ウイルスが武漢の研究所で人工的に作られた可能性に着目したくなる。

そもそも、このウイルスをめぐる中国政府の動きはおかしいことが多すぎる。

例えば、湖北省衛生健康委員会は1月1日の段階で、遺伝子解析会社や研究機構に対し、武漢肺炎患者の検体を検査してはいけないと指示していた。

既存のウイルスサンプルの破棄も命じ、外部へ情報を公開したり関連論文やデータを公表したりすることも禁じた。

国家保健委員会も1月3日に中国全体に向けて同様の指示を出している。

あらためて中国の疑惑が思い返された。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=8585
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/04/54719.html
看中国からの引用画像(陳薇少将)
https://i0.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2020/02/2020-2-13_ChenWei_P4_Lab.jpg?w=600&ssl=1
人民網からの引用画像(戦狼2)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/7EiQtKoBrYvI9GEM1e95OLhhXZIlXw5Ss2KrAha6pqh-S1S4rd62Y363DhtQUcdc6dMN8AScKnJFXGFKPFuyxNKIglxD9XEM5NIwmLwC6xenROGEtUdgbCmh3jVk_4n_Ok3PqjOjuysLFQwidth=445&quality=85&auto=format&fit=max&s=da45b6a2bc1843beb66c094df11e97db
the paper.cnからの引用画像(開発されたワクチン)
https://imagecloud.thepaper.cn/thepaper/image/58/803/768.jpg
Financial Timesからの引用画像(カンシノ・バイオロジクス)
https://www.ft.com/__origami/service/image/v2/images/raw/https%3A%2F%2Fs3-ap-northeast-1.amazonaws.com%2Fpsh-ex-ftnikkei-3937bb4%2Fimages%2F3%2F9%2F8%2F5%2F28955893-3-eng-GB%2FCropped-1598085634RTX7Q236.JPG?source=nar-cms
Trading Viewからの引用画像(カンシノ・バイオロジクスの株価)
https://www.tradingview.com/symbols/SWB-CJH/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米大統領、サウジ攻撃への報復示唆! (朝香 豊)

    トランプ米大統領は、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃につい…

  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 人権・民主主義

    専門家会議の議事録は完全に不要! なんで筋論を最後まで通さないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)
  4. 道理

    How abnomal the mainstream media are! B…
  5. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)
PAGE TOP