安全保障

露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロシアとドイツを結ぶ天然ガスパイプライン事業「ノルドストリーム2」に暗雲が漂っている。

ロシアとドイツを結ぶ天然ガスパイプラインはすでに1本目の「ノルドストリーム」は完成しているが、新たなパイプラインの「ノルドストリーム2」も完成間近となっていて、年内にも完成するのではないかと見られていた。

これが完成すると、ドイツは安価な天然ガスを安定的・継続的に入手できると同時に、ドイツから他のヨーロッパ地域に天然ガスを供給する立場からも利益を得られることになる。

LNG船にわざわざ液化して積み込まなくてもいいので、コストが大きく引き下がることになる。

つまり、ドイツには経済的なメリットが極めて大きい事業である。

一方、ロシア依存が急激に高まることにより、いざという場合にロシアからのガスの供給を止められた場合の対応が難しくなり、安全保障上の問題が大きいとも目されていた。

もちろん、販売側のロシアには多大な利益がもたらされることになる。

ロシア政府が毒薬のノビチェクを使って反体制派指導者のナワリヌイ氏を毒殺しようとした疑惑が大きくなる中で、ロシアに対して経済的な利益が大きいこの「ノルドストリーム2」を完成させてよいのか、完成させたとしてもガスの供給は止めるべきではないかという議論が、ドイツで起こってきたわけだ。

ドイツのマース外相は、このナワリヌイ氏の毒殺未遂事件への捜査にロシア政府が協力するかどうかを見極めてから「ノルドストリーム2」をどうするかを考えるべきではないかと提起した。

マース独外相

メルケル首相は頑なに「ノルドストリーム2」推進の立場をとってきたが、身内からも疑問の声が出てきた格好だ。

ロシア政府が捜査協力に消極的な態度を示した場合に、メルケル首相は厳しい立場に追いやられる。

メルケル首相はフォルクワーゲンを中国の銀行に救済してもらっていることもあり、中国に対しても対応が弱いことが批判されている。

このロシアの事件とも絡まる形で、目先の経済的利益を犠牲にしながら西側の価値観を大切にする立場に立つのか、それとも西側の価値観に目をつぶりながら経済的利益を優先させるのかという点での問いかけは、今後どんどん強まっていくことが予想される。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-06/germany-s-top-diplomat-warns-russia-over-gas-pipeline-stance?cmpid=BBD090620_MKTJP&utm_medium=email&utm_source=newsletter&utm_term=200906&utm_campaign=marketsjapan
YouTubeのサムネイルからの引用画像(Nord Stream 2)
https://i.ytimg.com/vi/8Qh1EOI5TBs/maxresdefault.jpg
The Guardianからの引用画像(ロシアの反体制指導者のナワリヌイ氏)
https://i.guim.co.uk/img/media/b80abe108399d77abacbf306a33d4a1ab71bedbf/0_87_3374_2025/master/3374.jpg?width=445&quality=85&auto=format&fit=max&s=da45b6a2bc1843beb66c094df11e97db
The Big Smokeからの引用画像(毒薬のノビチェク)
https://www.thebigsmoke.com.au/wp-content/uploads/novichok-nerve-agent.jpg
DWからの引用画像(マース独外相)
https://www.dw.com/image/38064660_303.jpg
Quartzからの引用画像(独メルケル首相)
https://cms.qz.com/wp-content/uploads/2018/11/RTS25SOC-e1542123771460.jpg?quality=75&strip=all&w=1600&h=900&crop=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国、GDP成長率6%目標を事実上取り下げる! 景気減速はごまかせない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  3. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香 豊)

    中国共産党機関紙の環球時報が報じたところによると、「香港人権・…

  5. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 豊)

    来年1月完成予定の北海道議会新庁舎に自民党が議員控室の喫煙所設…

  6. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)

    アメリカは同盟国がファーウェイ製の5G機器を使う場合には、情報…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが香港警察の暴力を非難! 拷問といえ…
  2. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)
  3. 韓国・北朝鮮

    韓国デモ、「200万人」は実は「7万6000人」か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)…
PAGE TOP