人権・民主主義

中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)

中国を風刺したことで中国政府から完全に締め出しを食らった、アメリカの社会風刺アニメの「サウスパーク」の最新エピソードの内容が、詳細にわかった。

主人公のうち1人は、中国入国時に大麻を所持していたことから、強制収容所に送られ、そこで囚人の虐待と銃殺を目撃する。さらにディズニーキャラクターである「くまのプーさん」にも出会い、習近平国家主席に似ているという理由で収容所送りにされた経緯を教えてもらう。

取り調べを受けて、中国の警官に、「あなたたちは国民の命を軽く見て、個人の自由を無視している。誠実でもなければ、正義もない。こんな中国をどうして国家と呼べるのか」と激怒する。

主人公のもう1人はバンド活動をやっていて、有名プロデューサーの目にとまり、自伝映画を作成するよう勧められる。

彼が書いた脚本には、「強制臓器摘出」や「ダライ・ラマ」などの内容があったため、「これでは中国マーケットを失ってしまう」と、映画製作側の責任者に複数回書き直すように命じられる。

プロデューサーは「中国市場で金儲けしたいなら、当局の言論統制に協力しなければならない」と彼を諭した。

さらにこのエピソードでは、警官と対峙する黒い服のデモ参加者、中国建国70周年の軍事パレード、強制労働キャンプなど、中国の神経を逆なでするような内容が目白押しだ。

こういう内容であれば、中国政府が激怒するのは、ある意味当然だろう。

この点で「サウスパーク」の制作スタッフの勇気に敬服する。

なお、このエピソードは”Band in China”(中国でのバンド)という表題だが、”Band” には「(音楽活動の)バンド」の意味と「束縛」の意味を重ねているのだろう。

さらに、”Band in China” の発音は”Banned in China”(中国国内で禁止されている)のようにも取ることができる。こういうところもさりげなくオシャレだ。

ソースとなった大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47984.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ナイ…

  2. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  3. 人権・民主主義

    トランプ法務チームが方針転換! 焦点をドミニオンに集める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  6. 人権・民主主義

    ジョシュ・ホーリー議員への献金急増! アメリカの民主主義の底力!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米上…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊…
  3. 経済

    新型肺炎で、企業を閉鎖する余裕はないとブラジル大統領! これは正論!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    林外相が中国の人権状況に深刻な懸念を表明! ならば中途半端な妥協的行動は絶対に慎…
  5. 安全保障

    カナダ裁判所がファーウェイCFOの主張を却下! 中国がカナダに「報復」示唆!(朝…
PAGE TOP