人権・民主主義

中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)

中国を風刺したことで中国政府から完全に締め出しを食らった、アメリカの社会風刺アニメの「サウスパーク」の最新エピソードの内容が、詳細にわかった。

主人公のうち1人は、中国入国時に大麻を所持していたことから、強制収容所に送られ、そこで囚人の虐待と銃殺を目撃する。さらにディズニーキャラクターである「くまのプーさん」にも出会い、習近平国家主席に似ているという理由で収容所送りにされた経緯を教えてもらう。

取り調べを受けて、中国の警官に、「あなたたちは国民の命を軽く見て、個人の自由を無視している。誠実でもなければ、正義もない。こんな中国をどうして国家と呼べるのか」と激怒する。

主人公のもう1人はバンド活動をやっていて、有名プロデューサーの目にとまり、自伝映画を作成するよう勧められる。

彼が書いた脚本には、「強制臓器摘出」や「ダライ・ラマ」などの内容があったため、「これでは中国マーケットを失ってしまう」と、映画製作側の責任者に複数回書き直すように命じられる。

プロデューサーは「中国市場で金儲けしたいなら、当局の言論統制に協力しなければならない」と彼を諭した。

さらにこのエピソードでは、警官と対峙する黒い服のデモ参加者、中国建国70周年の軍事パレード、強制労働キャンプなど、中国の神経を逆なでするような内容が目白押しだ。

こういう内容であれば、中国政府が激怒するのは、ある意味当然だろう。

この点で「サウスパーク」の制作スタッフの勇気に敬服する。

なお、このエピソードは”Band in China”(中国でのバンド)という表題だが、”Band” には「(音楽活動の)バンド」の意味と「束縛」の意味を重ねているのだろう。

さらに、”Band in China” の発音は”Banned in China”(中国国内で禁止されている)のようにも取ることができる。こういうところもさりげなくオシャレだ。

ソースとなった大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47984.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ソウル…

  2. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 豊)

    イラン政府が高まる反政府デモを抑えるためにインターネット通信を…

  3. 安全保障

    アトランタの白人警官は死刑の可能性も! 道理が通じないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アト…

  4. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  2. 韓国・北朝鮮

    韓国デモ、「200万人」は実は「7万6000人」か?(朝香 豊)
  3. 道理

    教育の公的支出割合 日本はOECD加盟国中最下位! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)
PAGE TOP