人権・民主主義

中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)

中国を風刺したことで中国政府から完全に締め出しを食らった、アメリカの社会風刺アニメの「サウスパーク」の最新エピソードの内容が、詳細にわかった。

主人公のうち1人は、中国入国時に大麻を所持していたことから、強制収容所に送られ、そこで囚人の虐待と銃殺を目撃する。さらにディズニーキャラクターである「くまのプーさん」にも出会い、習近平国家主席に似ているという理由で収容所送りにされた経緯を教えてもらう。

取り調べを受けて、中国の警官に、「あなたたちは国民の命を軽く見て、個人の自由を無視している。誠実でもなければ、正義もない。こんな中国をどうして国家と呼べるのか」と激怒する。

主人公のもう1人はバンド活動をやっていて、有名プロデューサーの目にとまり、自伝映画を作成するよう勧められる。

彼が書いた脚本には、「強制臓器摘出」や「ダライ・ラマ」などの内容があったため、「これでは中国マーケットを失ってしまう」と、映画製作側の責任者に複数回書き直すように命じられる。

プロデューサーは「中国市場で金儲けしたいなら、当局の言論統制に協力しなければならない」と彼を諭した。

さらにこのエピソードでは、警官と対峙する黒い服のデモ参加者、中国建国70周年の軍事パレード、強制労働キャンプなど、中国の神経を逆なでするような内容が目白押しだ。

こういう内容であれば、中国政府が激怒するのは、ある意味当然だろう。

この点で「サウスパーク」の制作スタッフの勇気に敬服する。

なお、このエピソードは”Band in China”(中国でのバンド)という表題だが、”Band” には「(音楽活動の)バンド」の意味と「束縛」の意味を重ねているのだろう。

さらに、”Band in China” の発音は”Banned in China”(中国国内で禁止されている)のようにも取ることができる。こういうところもさりげなくオシャレだ。

ソースとなった大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47984.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 人権・民主主義

    主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  4. 人権・民主主義

    ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  5. 人権・民主主義

    低レベルないじりの太田光! 番組を準備したTBSの責任も大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!爆笑…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  3. 安全保障

    【悲報】堂島の米先物市場の本上場はなくなる見通し! 農協・兼業農家中心農業はまだ…
  4. 人権・民主主義

    国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが香港警察の暴力を非難! 拷問といえ…
  5. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)
PAGE TOP