人権・民主主義

米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)

米下院は、10月15日に一度可決していた香港人権民主主義法案を再可決した。

上院では下院とは若干異なった内容となっていたために、上院の内容で再可決したものだ。

今回は全会一致とはならなかったが、賛成417、反対1という、圧倒的な大差となった。

トランプ大統領はこの法案に対する署名を行う見通しで、法案の成立は確実になった。

香港に認められている特権的な立場が剥奪されることになれば、中国は今後香港市場を通じて世界資本市場にアクセスすることができなくなり、米ドルの調達に困難をきたすことになる。

これにより、中国と全面的に対決するのは確実だ。

なお、米中は10月11日に、通商協議の部分合意を発表していて、最終調整に最長で5週間程度の時間が必要とされていたが、5週間経った現在でも、合意の文書化はできていない。

知的財産権や技術移転といった核心問題をきちんと扱えない合意で、関税の撤廃といった大きな譲歩はできないというのがトランプ政権の姿勢で、この点での譲歩をトランプ政権側は見せていない。

さらに長引く予想が出てきている中で、この法案の成立により、合意の成立は極めて難しくなったのは確実と言えよう。

このままいけば、12月15日に中国製品約1560億ドル相当への追加関税が発動される見通しで、これを機に米中対立はより先鋭化していくものと思われる。

これの元ネタとなるブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-20/Q1AGMDT0G1KY01

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国検察は文在寅派に屈せず、チョ・グク新法相の親族を逮捕! (朝香 豊)

    ソウル中央地検は、横領や証拠隠滅教唆などの疑いで、チョ・グク氏…

  2. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  3. 人権・民主主義

    香港理工大学に警察隊が突入! 医療スタッフも負傷者も逮捕!(朝香 豊)

    11月17日から激しい攻防が繰り広げられてきた香港理工大学で、…

  4. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際的に…

  6. 人権・民主主義

    アメリカ議会で遠隔投票を検討! 日本も急げ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)
  3. 道理

    「人種差別で黒人の命が軽視されている」は本当か? 統計を見よ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    尖閣で武力行使容認! 中国「海警法」制定へ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)
PAGE TOP