人権・民主主義

香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)

香港の区議会議員選挙は、政府に批判的な立場の民主派がすべての議席の3分の2にあたる300議席を超え、圧勝した。

投票率は過去最高だった4年前を24ポイント余り上回り、71.2%だった。

各選挙会場では、異例の長蛇の列ができた。

民主派団体の代表、岑子杰氏は「今回の選挙結果は香港人の勝利だ」「林鄭月娥行政長官は民意を受け止め、市民が掲げてきた5つの要求を確実に実行すべきだ」と述べた。

今回の選挙を許した背景としては、景気の急激な悪化を背景に、目の前の暮らしを優先して親中派に投票する人が意外に多いのではないかという中国側の読みがあったのかもしれない。

香港の区議会議員は民生委員的な立場に留まり、政治的な意思決定に関わるわけではないが、この民主派の圧勝が中国国内に知れ渡ることによる中国政府のダメージは大きいだろう。

中国政府は、外国勢力にそそのかされた一部の勢力が民主主義だと主張して暴徒化しているだけだと主張してきたからだ。

習近平政権が追い込まれたのは間違いない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元のNHKの記事https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012189921000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004
トップ画像はTBS NEWSの記事から
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3839355.html
http://news.tbs.co.jp/jpg/news3839355_38.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  2. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  3. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!⭐⭐…

  5. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)
  2. 経済

    韓国経済にデフレの波! 文政権ピンチ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    オーストラリア政府、外国勢力の干渉防止のための新部隊設置へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
PAGE TOP