人権・民主主義

昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」に関して、慰安婦をモチーフにした少女像や昭和天皇の肖像を燃やして灰にした上で踏みつける映像作品に対して、明戸隆浩・東大特任助教は「ヘイト表現ではない」と語った。

「国や日本人など、大文字の主語で社会があたかも一枚岩であるかのように語られることによって表現の自由が奪われることが、一番怖いことです」…これが彼の理屈だ。

問題の作品を「日本人に対するヘイト」と言うが、日本人だって一括りにはできないではないか、昭和天皇の肖像を燃やして灰にした上で土足で踏みつけることを「よっしゃー!」と思う人もいるんだぜ、その人にとってはこういう作品は「ヘイト」ではないんだよ、だからあたかも日本人全員に対するヘイトだというような言い方はおかしいだろ…ってことのようだ。

では、金正恩の肖像を燃やしたり足で踏みつけるような行為はどうなんだろう。北朝鮮の中には、金王朝に対する憤怒を表に出せないまま暮らしている人たちは数多くいるだろう。理由もよくわからないまま、身内が強制収容所に送られたり、殺されたりしている人は多いのだ。こうした人たちの心の叫びを表現するためと称して、金正恩の肖像を燃やしても、何の問題もないのだろうか。

どんな国民だって一枚岩であるはずがない。様々な思いを持つのは当然だ。それでも国民一般や国全体を代表するものをぞんざいに扱うのは許されないという常識的な判断が、ウィーン条約のような形で国際法でも認められてきた。

この東大の助教は、どうも国際慣習から確立していったこうしたルールが気に入らないらしい。

「少数派にも人権はある!」と言いたいのだろうが、その前提は「多数派には当然人権はある」だ。

「あいちトリエンナーレ」は税金で運営されている。税金を少数派のために使うというのも、認められることは多い。だが、税金を少数派のために使いつつ、多数派の感情をズタズタにすることは絶対に許されない。当たり前だ。

無理やり正当化しようとするのはやめてくれと、改めて言いたい。

これに関連する毎日新聞の記事

これに関連する毎日新聞のツイッター

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    「正義」であれば、勝手に何をやっても許されるのか? 断固取り締まるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!"B…

  2. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アス…

  3. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    黒川検事長と安倍内閣は検察にハメられたのでは? これから倒閣運動? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  5. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国共産…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  4. 外交

    グレタさんを支える環境団体のバックに中国政府?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    30秒でコロナ診断! イスラエルが開発!(朝香 豊)
PAGE TOP