外交

「日韓合意」も完全無視! 日本政府を相手取った「慰安婦」裁判がソウル中央地裁で開かれる!(朝香 豊)

韓国人の元慰安婦やその遺族らが日本政府を相手取った訴訟が、ソウル中央地裁で13日に開かれる。

「主権免除」の原則から、日本政府が他国の裁判で裁かれる側に回るのは国際慣習法違反だと思われ、日本政府はその立場から出席しない。

しかし、この理屈は韓国には通じることはなく、欠席裁判になる見通しだという。

この裁判は2016年12月に、元慰安婦らが「精神的、肉体的苦痛を受けた」などとし、日本政府に約30億ウォン(約3億円)の損害賠償を求めたものだ。

だがそもそもその1年前に、日韓両政府が慰安婦問題について、「完全かつ不可逆的に解決」することを確認し合意を行っている。

同合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」は、韓国が一方的に解散した。

1965年の日韓請求権協定にも、2015年の「日韓合意」にも完全に違約するこのような裁判が今なお認められるところは、現在の韓国の問題の象徴的なできごとだといえるだろう。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191111/wor1911110012-n1.html
トップ画像も同記事からhttps://www.sankei.com/images/news/191111/wor1911110012-p1.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

  2. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)

    ネパールはチベットとインドに挟まれ、中国には地政学的に重要な場…

  3. 外交

    中華民国(台湾)建国記念日に、安倍総理と麻生財務相が祝福メッセージ!(朝香 豊)

    中華民国(台湾)建国記念日を祝うレセプションが福岡で開かれ、安…

  4. 道理

    衝撃的な噂は本当なのか? 疑う必要は大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  5. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    武漢発新型肺炎で、WHOがまさかの緊急事態宣言見送り! 中国の影響力のためか?(…
  4. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)
PAGE TOP