経済

菅氏が一番増税派? そんなわけはない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で、自民党の総裁候補3人に、消費税は将来的に引き上げざるをえないかどうかについての答を求められた。

これに対して、岸田氏と石破氏がともに△を示したのに対して、菅氏は◯を示した。

この結果から見ると、もっとも緊縮財政に積極的なのは菅氏のように見えるが、それをそのまま受け取ってしまうのは間違いだ。

はっきり言うが、岸田氏と石破氏がうそつきなだけである。

岸田氏が財務省一家で筋金入りの消費増税派であるのは、よく知られた話だ。

石破氏も、昨年10月の消費税増税について、「財政が悪化すれば次世代への負担が増す」から「先送りはあってはいけない」と述べていた。

「消費税を必ず上げるべき」発言を揶揄された石破氏

ふたりとも消費増税派なのに、いまテレビでこれを打ち出すのはトクではないと考えて、△にしたのであろう。

姑息である。

この回答で、二人には誠実さというものがないことがはっきりしたと言えるだろう。
 
さて、あまり知られていないようだが、菅氏は昨年の消費税増税については閣内で反対の立場に立っていた。

菅氏は無利子国債や政府紙幣の発行など、積極財政派に近いアイディアを持っている人でもある。

そこも理解しておくべきである。

そもそも今回聞かれた質問は「消費税は将来的に引き上げざるをえないか」であり、「総理になったら引き上げるか」ではないところにも気をつけておく必要がある。

その証拠に、菅氏は「安倍晋三首相は今後10年上げる必要がないと発言した。私も同じ考えだ」とも述べており、菅政権が10年以上続かない限り、菅氏が増税することはないのである。

ではなぜ菅氏はこのような発言を行ったのかだが、財務省を最初から敵に回すようなことを敢えて避けるためではないかと、個人的には推察している。

なるべく敵を作らないようにするのが菅氏のやり方である。

確かにこれで消費税減税はできなくなったが、財政政策にはたとえばもう一度一律10万円給付を行うというようなやり方もありうるし、低所得者層を救うという見地ではこちらの方が効果が高いということも言える。

こうするかどうかはともかくとして、菅氏が3人の中で最も増税派であるかのように考えるのは間違いだということは指摘しておきたい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/42b07b84638b1e731137dfdf0f8d8370f3798e5e
テレビ東京からの引用画像(消費税を上げる必要がある?)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/images/thumbnail/wbs/20200910_wb_ft01_6960b0a8aa4f7eb4_9.jpg
テレビ東京からの引用画像(消費税増税10年は不要)
https://www.tv-tokyo.co.jp/news/assets/2020/09/20200911_ys_ns02-thumb-1920×1080-16017.jpg
パンパカ工務店からの引用画像(「消費税を必ず上げるべき」との発言を揶揄された石破氏)
https://img-cdn.jg.jugem.jp/110/3859065/20180826_1492949.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  2. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  3. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)

    イギリスの総選挙では、出口調査の結果によると、保守党が圧勝する…

  6. 経済

    外国資本が韓国を見限って続々撤退へ!(朝香 豊)

    外国資本の韓国脱出が相次いでいる。この2年間にゴールド…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    選挙後に起こった、許せない岸田内閣の親中姿勢への露骨な転換! 地方議会から岸田内…
  2. 経済

    中国の人口統計に明らかな疑惑! 日経新聞が報じる不思議!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)
  4. 道理

    バイデン親子と中国の黒い関係! アメリカで映画化される!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
PAGE TOP