経済

菅氏が一番増税派? そんなわけはない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で、自民党の総裁候補3人に、消費税は将来的に引き上げざるをえないかどうかについての答を求められた。

これに対して、岸田氏と石破氏がともに△を示したのに対して、菅氏は◯を示した。

この結果から見ると、もっとも緊縮財政に積極的なのは菅氏のように見えるが、それをそのまま受け取ってしまうのは間違いだ。

はっきり言うが、岸田氏と石破氏がうそつきなだけである。

岸田氏が財務省一家で筋金入りの消費増税派であるのは、よく知られた話だ。

石破氏も、昨年10月の消費税増税について、「財政が悪化すれば次世代への負担が増す」から「先送りはあってはいけない」と述べていた。

「消費税を必ず上げるべき」発言を揶揄された石破氏

ふたりとも消費増税派なのに、いまテレビでこれを打ち出すのはトクではないと考えて、△にしたのであろう。

姑息である。

この回答で、二人には誠実さというものがないことがはっきりしたと言えるだろう。
 
さて、あまり知られていないようだが、菅氏は昨年の消費税増税については閣内で反対の立場に立っていた。

菅氏は無利子国債や政府紙幣の発行など、積極財政派に近いアイディアを持っている人でもある。

そこも理解しておくべきである。

そもそも今回聞かれた質問は「消費税は将来的に引き上げざるをえないか」であり、「総理になったら引き上げるか」ではないところにも気をつけておく必要がある。

その証拠に、菅氏は「安倍晋三首相は今後10年上げる必要がないと発言した。私も同じ考えだ」とも述べており、菅政権が10年以上続かない限り、菅氏が増税することはないのである。

ではなぜ菅氏はこのような発言を行ったのかだが、財務省を最初から敵に回すようなことを敢えて避けるためではないかと、個人的には推察している。

なるべく敵を作らないようにするのが菅氏のやり方である。

確かにこれで消費税減税はできなくなったが、財政政策にはたとえばもう一度一律10万円給付を行うというようなやり方もありうるし、低所得者層を救うという見地ではこちらの方が効果が高いということも言える。

こうするかどうかはともかくとして、菅氏が3人の中で最も増税派であるかのように考えるのは間違いだということは指摘しておきたい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/42b07b84638b1e731137dfdf0f8d8370f3798e5e
テレビ東京からの引用画像(消費税を上げる必要がある?)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/images/thumbnail/wbs/20200910_wb_ft01_6960b0a8aa4f7eb4_9.jpg
テレビ東京からの引用画像(消費税増税10年は不要)
https://www.tv-tokyo.co.jp/news/assets/2020/09/20200911_ys_ns02-thumb-1920×1080-16017.jpg
パンパカ工務店からの引用画像(「消費税を必ず上げるべき」との発言を揶揄された石破氏)
https://img-cdn.jg.jugem.jp/110/3859065/20180826_1492949.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  3. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    一筋縄では理解できない東芝問題! 単純な善悪では捉えるべきではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!東芝…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)
  5. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
PAGE TOP