安全保障

日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!

北朝鮮の非核化をめぐり、核兵器の放棄をまず行うよう迫る「リビア方式」を持ち出し、交渉を後退させる大きなミスを犯したと、トランプ大統領はボルトン氏を批判した。

トランプ大統領は国連決議違反の北朝鮮による弾道ミサイル発射について「短距離だから」と容認する姿勢を見せていたが、こうした融和路線が今後一層強化されることは確実だ。

ポンペオ国務長官は「一部の高官が退任したからといってトランプ氏の外交政策が大きく変わると考えるべきではない」と述べていたが、トランプ大統領の発言はポンペオ氏の見解と大きく異なるものであることを意味する。

アメリカ頼みにしない外交・安全保障方針を考えないといけないことを、ますます強く認識する必要がある。

これに関連するNHKの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!湖北…

  2. 安全保障

    モデルナもファイザーも安全性に問題なし! 新型コロナワクチン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    日韓GSOMIA、破棄から一転継続へ!(朝香 豊)

    韓国の文在寅政権は、土壇場になって日韓GSOMIAの継続に方針…

  4. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  5. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港立法会選挙1年延期! 進む中国の切り離し!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    バチカンと中国政府との合意により、中国にいるカトリックへの迫害が強化されている!…
  3. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)
  4. 未分類

    トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
PAGE TOP