道理

陰謀論に乗っかるのは慎重に! 台湾のエバーグリーン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

スエズ運河で座礁して国際海運をかき乱すことになったエバーギブン号について、ヒラリー・クリントンが絡んだ人身売買用の子供が7000人も載せられていたという怪情報が流れている。

エバーギブン号の操船会社は台湾のエバーグリーン(長栄海運)だが、この「エバーグリーン」がヒラリー・クリントンのコードネームであるとか、エバーギブン号のコールサインが”H3RC”で、”Hillary Rodham Clinton” を意味する”HRC”と近似するといった話が飛んでいて、エバーグリーンという会社そのものがそもそも信用できないというところまで話は及んでいる。

ところでこうしたうわさ話を広げている人たちは、台湾のエバーグリーンの創業者の張榮發氏が2011年の東日本大震災の時に10億円を寄付した方であることを知っているのだろうか。日本への援助物資や国際救援要員を運ぶ際に自社の船を無償で動員してくれたことを知っているのだろうか。日本統治時代に学んだ人としての生き方を伝えたいということで、『道徳』という月刊誌をずっと発行されてきた方だというのは知っているのだろうか。

そういう善良そうな顔を一方でしながら、他方では人身売買にも関わっているということもありうるかもしれないが、疑いを挟むのは相当に慎重に行うべきではないのか。

7000人もの子供を載せていたのであれば、エジプト政府が臨検した際に当然ながら発覚するはずだが、そうした話は全く上がっていない。

こうした陰謀論が、日本と台湾との分断工作に使われている可能性はないだろうか。

エバーギブン号にはぐるぐる回るような謎の航跡を描いたなどの疑問があるのは確かで、それはそれできちんと解明されなければならない。だが、そうした怪しさは7000人もの子供を人身売買で運んでいるという怪しさとは明らかに別のことであり、区別をしなければならないのではないか。

世の中に陰謀が溢れているのは事実だが、それでも語られる陰謀論の大半は嘘っぱちであり、陰謀論の臭いのするものには慎重であるべきだというのが、私のスタンスである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

buzz-plus.comの記事
https://buzz-plus.com/article/2021/03/29/suez-ever-green-kodomora-news/
エバーギブン号の画像
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/07e5/03/19/8259794_0:59:1280:751_1000x541_80_0_0_9755b4f6fc00ee8c8bcbbcae08a43bef.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    郵便投票制度拡大法案! 米民主党が準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  3. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!

    原田環境相兼原子力防災担当相は10日の記者会見で、福島原発の処…

  4. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  5. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)
  2. 道理

    “Let’s go Brandon”がトレン…
  3. 安全保障

    中国軍と関わる企業リストの作成を、超党派の米議員が要請! アメリカは強い! (朝…
  4. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク法相任命に、韓国野党党首も丸刈り抗議! (朝香 豊)
  5. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
PAGE TOP