道理

陰謀論に乗っかるのは慎重に! 台湾のエバーグリーン!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

スエズ運河で座礁して国際海運をかき乱すことになったエバーギブン号について、ヒラリー・クリントンが絡んだ人身売買用の子供が7000人も載せられていたという怪情報が流れている。

エバーギブン号の操船会社は台湾のエバーグリーン(長栄海運)だが、この「エバーグリーン」がヒラリー・クリントンのコードネームであるとか、エバーギブン号のコールサインが”H3RC”で、”Hillary Rodham Clinton” を意味する”HRC”と近似するといった話が飛んでいて、エバーグリーンという会社そのものがそもそも信用できないというところまで話は及んでいる。

ところでこうしたうわさ話を広げている人たちは、台湾のエバーグリーンの創業者の張榮發氏が2011年の東日本大震災の時に10億円を寄付した方であることを知っているのだろうか。日本への援助物資や国際救援要員を運ぶ際に自社の船を無償で動員してくれたことを知っているのだろうか。日本統治時代に学んだ人としての生き方を伝えたいということで、『道徳』という月刊誌をずっと発行されてきた方だというのは知っているのだろうか。

そういう善良そうな顔を一方でしながら、他方では人身売買にも関わっているということもありうるかもしれないが、疑いを挟むのは相当に慎重に行うべきではないのか。

7000人もの子供を載せていたのであれば、エジプト政府が臨検した際に当然ながら発覚するはずだが、そうした話は全く上がっていない。

こうした陰謀論が、日本と台湾との分断工作に使われている可能性はないだろうか。

エバーギブン号にはぐるぐる回るような謎の航跡を描いたなどの疑問があるのは確かで、それはそれできちんと解明されなければならない。だが、そうした怪しさは7000人もの子供を人身売買で運んでいるという怪しさとは明らかに別のことであり、区別をしなければならないのではないか。

世の中に陰謀が溢れているのは事実だが、それでも語られる陰謀論の大半は嘘っぱちであり、陰謀論の臭いのするものには慎重であるべきだというのが、私のスタンスである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

buzz-plus.comの記事
https://buzz-plus.com/article/2021/03/29/suez-ever-green-kodomora-news/
エバーギブン号の画像
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/07e5/03/19/8259794_0:59:1280:751_1000x541_80_0_0_9755b4f6fc00ee8c8bcbbcae08a43bef.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!エマ…

  2. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  3. 人権・民主主義

    テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!池上…

  4. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    高校生の修学旅行の中国行きを推進! 観光庁はアホか!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国で大物経営者が次々退任・失脚! 民営企業受難の時代に! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!
PAGE TOP