経済

中共「中央経済工作会議」で事実上の習近平批判! 習近平体制は来年の党大会までか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国では年に一度の「中央経済工作会議」が12月8日から10日の間で行われた。2021年の経済政策の総括と分析に基づき、2022年の経済政策の方向性を決める、中国共産党の重要会議である。

この会議では中国経済が1)需要の収縮、2)供給に対する打撃に見舞われ、3)先行きも不透明だという「三重圧力」に直面していることが取り上げられた。

経済は需要と供給からなるわけだが、需要もダメなら供給もダメであり、さらに先行きも厳しいということになると、全面的にダメということを認めたということになる。このこと自体が相当な異例のことだ。

来年秋の第20回党大会に向けて、習近平は自らの成果を大々的に打ち出したかったところだろうが、あまりのひどい経済状態に直面しては、その負のあり方を認めざるをえなくなったと見るべきである。

来年の経済工作については、「穏」を強調した。「穏」とは「安定」を意味するものだが、これを使う時には「不安定」な時であるのは間違いない。「財政出動強度を保証し、支出速度を加速する」として積極財政を打ち出しているのだが、積極財政を打ち出さないと「穏」に近づけない経済状態にあることを認めたとも言える。

先に行われた「六中全会」においては「歴史決議」が採択され、習近平中心体制が固まったと見られていたが、「中央経済工作会議」において習近平の経済政策についてこれだけ正面切った批判を許す形になったのは、あまりに激しい経済的な落ち込みに対しての反発が党内でも猛烈に高まっていることを示している。

「戦狼外交」を行なって国際的な孤立の道を選び、「第三次分配」を求めて民間企業から利益剰余金を召し上げ、「共同富裕」の名の下で「共同貧困」化路線を進め、「国進民退」と呼ばれる国有企業化の推進によって経済効率性がどんどん引き下げていることへの不満が、「中央経済工作会議」で表面化してきたと見るのが適切ではないだろうか。

私は拙著「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」の中で、習近平がバブル潰しを始めてからその経済破壊力におののき、経済政策を緩める動きをするが、それでも塗炭の苦しみを味わうことになるとの見通しを示していたが、まさにその通りの動きが展開されているのである。

習近平体制は来年秋の党大会で終わりを迎える公算も高くなってきた。しっかりと注目しておきたい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

恒大集団デフォルトに無反応を示す市場! 地獄への道を国際金融資本は選択したのか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7088

習近平の画像
https://www.foreignaffairsj.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/09/shutterstock_1155956518.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 道理

    違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)

    次世代通信規格の6Gの技術開発を支援するために新たに設ける基金…

  3. 安全保障

    政府の「エネルギー基本計画」を変えよう!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!伝染…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    黒人を膝で抑え込んだ警官に殺人罪の評決! 見過ごせないアメリカの全体主義!(朝香…
  5. Featured Video Play Icon

    外交

    進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
PAGE TOP