経済

中共「中央経済工作会議」で事実上の習近平批判! 習近平体制は来年の党大会までか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国では年に一度の「中央経済工作会議」が12月8日から10日の間で行われた。2021年の経済政策の総括と分析に基づき、2022年の経済政策の方向性を決める、中国共産党の重要会議である。

この会議では中国経済が1)需要の収縮、2)供給に対する打撃に見舞われ、3)先行きも不透明だという「三重圧力」に直面していることが取り上げられた。

経済は需要と供給からなるわけだが、需要もダメなら供給もダメであり、さらに先行きも厳しいということになると、全面的にダメということを認めたということになる。このこと自体が相当な異例のことだ。

来年秋の第20回党大会に向けて、習近平は自らの成果を大々的に打ち出したかったところだろうが、あまりのひどい経済状態に直面しては、その負のあり方を認めざるをえなくなったと見るべきである。

来年の経済工作については、「穏」を強調した。「穏」とは「安定」を意味するものだが、これを使う時には「不安定」な時であるのは間違いない。「財政出動強度を保証し、支出速度を加速する」として積極財政を打ち出しているのだが、積極財政を打ち出さないと「穏」に近づけない経済状態にあることを認めたとも言える。

先に行われた「六中全会」においては「歴史決議」が採択され、習近平中心体制が固まったと見られていたが、「中央経済工作会議」において習近平の経済政策についてこれだけ正面切った批判を許す形になったのは、あまりに激しい経済的な落ち込みに対しての反発が党内でも猛烈に高まっていることを示している。

「戦狼外交」を行なって国際的な孤立の道を選び、「第三次分配」を求めて民間企業から利益剰余金を召し上げ、「共同富裕」の名の下で「共同貧困」化路線を進め、「国進民退」と呼ばれる国有企業化の推進によって経済効率性がどんどん引き下げていることへの不満が、「中央経済工作会議」で表面化してきたと見るのが適切ではないだろうか。

私は拙著「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」の中で、習近平がバブル潰しを始めてからその経済破壊力におののき、経済政策を緩める動きをするが、それでも塗炭の苦しみを味わうことになるとの見通しを示していたが、まさにその通りの動きが展開されているのである。

習近平体制は来年秋の党大会で終わりを迎える公算も高くなってきた。しっかりと注目しておきたい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

恒大集団デフォルトに無反応を示す市場! 地獄への道を国際金融資本は選択したのか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7088

習近平の画像
https://www.foreignaffairsj.co.jp/cms/wp-content/uploads/2019/09/shutterstock_1155956518.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 経済

    種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  2. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  3. 安全保障

    香港のデモの中止決定! 問われる西側の敗北! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    黒川検事長と安倍内閣は検察にハメられたのでは? これから倒閣運動? (朝香 豊)…
  3. 安全保障

    カナダから武漢ウイルス研究所へエボラウイルスが運ばれていた! コロナウイルスへの…
  4. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)
PAGE TOP