人権・民主主義

ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンと中国のエネルギー会社CEFC(中国華信能源)とのズブズブの関係によって、ハンター・バイデン側に年間10億円以上の報酬が発生する仕組みができていたことは、別の記事でアップした。

この私の記事はニューヨーク・ポストの記事について要点をまとめたものだったが、敢えて飛ばした内容も実はいろいろとある。

私は記事の中で、新設立の合弁企業の株式の20%がハンターのものになることが記されていたメールのことを紹介したが、このメールには10%がJimのものとなり、10%が「ビッグガイ」用としてHによって保持されるとも書かれていた。

Jimや「ビッグガイ」が誰のことを指すのかはこの記事の中では語られていなかったが、実はこの「ビッグガイ」がハンターの父親のジョー・バイデンのことを指すものだということが、Fox Newsによって明らかにされた。

つまり、ジョー・バイデン用としてH(ハンター・バイデン)によって保持されるということなのだ。

ハンター・バイデンは全株式の30%を保持し、合弁企業の最大の株主となるが、10%分は父親のジョー・バイデン用という扱いだというわけである。

問題のメールは、ハンター一人だけに送られたものではなく、関係者に一斉に送られたものだった。

Fox Newsはこのメールの送り先となっていた人物の一人から、このメールが本物であること、また「ビッグガイ」がジョー・バイデンを指すものであることを確認したと報じた。

さて、この情報源は一体誰なのか。

ここから先は私の大胆な推論の域を超えるものではないが、CEFCの中国側の人間なのではないかと思っている。

CEFCはかつてはフォーチュン500にも選ばれる中国を代表する大企業だったが、アメリカで民主党から共和党に政権与党が変わって以降は習近平政権から疎んじられるようになり、実は今年の4月に破産宣告を受けているのである。

習近平政権は何かと難癖をつけては民間企業を接収することを繰り返しているが、CEFCもこの犠牲になった。

CEFCの関係者が習近平側に対して大きな不満を持っていることは間違いないであろう。

CEFCが追い詰められた背景には、CEFCの後ろ盾となっていた中国共産党幹部の影響力が習近平側によって排除されたことが関わっているのも間違いないだろう。

中国共産党内部の権力闘争が習近平側に不利になる情報提供につながっているのではないだろうか。

もしそうだとしたら、反習近平派による情報リークが、ニューヨーク・ポスト、Fox、トランプ選対などにさらになされることになるのかもしれない。

今後の展開も目が離せない。

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/16/hunter-biden-email-detailing-chinese-ties-confirmed-by-source-report/
CNBCからの引用画像(Joe Biden and Hunter Biden)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/106158174-1569941882149rtx75h88.jpg?v=1571139792
RFIの記事からの引用画像(中国華信能源)
https://s.rfi.fr/media/display/447f6964-0fd2-11ea-8b87-005056a99247/w:1280/p:16×9/2018-03-01t034148z_1579495919_rc14b5d8d2e0_rtrmadp_3_china-cefc-probe.jpg
Politicoからの引用画像(ジョー・バイデン)
https://static.politico.com/dims4/default/e680638/2147483647/resize/1160x/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fstatic.politico.com%2Fb9%2Fc3%2F54a99abc4bd5832dea2d4cb25ffb%2Fgettyimages-1256156642-773.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

  4. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!豪雨…

  5. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国検察がチョ・グク新法相を、公職者倫理法違反容疑で捜査! 検察は文政権に勝てる…
  2. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    ファーウェイと中国共産党と中国人民解放軍との関係を暴いた映画「赤い龍の爪」が今月…
  4. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
  5. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
PAGE TOP