人権・民主主義

ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハンター・バイデンと中国のエネルギー会社CEFC(中国華信能源)とのズブズブの関係によって、ハンター・バイデン側に年間10億円以上の報酬が発生する仕組みができていたことは、別の記事でアップした。

この私の記事はニューヨーク・ポストの記事について要点をまとめたものだったが、敢えて飛ばした内容も実はいろいろとある。

私は記事の中で、新設立の合弁企業の株式の20%がハンターのものになることが記されていたメールのことを紹介したが、このメールには10%がJimのものとなり、10%が「ビッグガイ」用としてHによって保持されるとも書かれていた。

Jimや「ビッグガイ」が誰のことを指すのかはこの記事の中では語られていなかったが、実はこの「ビッグガイ」がハンターの父親のジョー・バイデンのことを指すものだということが、Fox Newsによって明らかにされた。

つまり、ジョー・バイデン用としてH(ハンター・バイデン)によって保持されるということなのだ。

ハンター・バイデンは全株式の30%を保持し、合弁企業の最大の株主となるが、10%分は父親のジョー・バイデン用という扱いだというわけである。

問題のメールは、ハンター一人だけに送られたものではなく、関係者に一斉に送られたものだった。

Fox Newsはこのメールの送り先となっていた人物の一人から、このメールが本物であること、また「ビッグガイ」がジョー・バイデンを指すものであることを確認したと報じた。

さて、この情報源は一体誰なのか。

ここから先は私の大胆な推論の域を超えるものではないが、CEFCの中国側の人間なのではないかと思っている。

CEFCはかつてはフォーチュン500にも選ばれる中国を代表する大企業だったが、アメリカで民主党から共和党に政権与党が変わって以降は習近平政権から疎んじられるようになり、実は今年の4月に破産宣告を受けているのである。

習近平政権は何かと難癖をつけては民間企業を接収することを繰り返しているが、CEFCもこの犠牲になった。

CEFCの関係者が習近平側に対して大きな不満を持っていることは間違いないであろう。

CEFCが追い詰められた背景には、CEFCの後ろ盾となっていた中国共産党幹部の影響力が習近平側によって排除されたことが関わっているのも間違いないだろう。

中国共産党内部の権力闘争が習近平側に不利になる情報提供につながっているのではないだろうか。

もしそうだとしたら、反習近平派による情報リークが、ニューヨーク・ポスト、Fox、トランプ選対などにさらになされることになるのかもしれない。

今後の展開も目が離せない。

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/16/hunter-biden-email-detailing-chinese-ties-confirmed-by-source-report/
CNBCからの引用画像(Joe Biden and Hunter Biden)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/106158174-1569941882149rtx75h88.jpg?v=1571139792
RFIの記事からの引用画像(中国華信能源)
https://s.rfi.fr/media/display/447f6964-0fd2-11ea-8b87-005056a99247/w:1280/p:16×9/2018-03-01t034148z_1579495919_rc14b5d8d2e0_rtrmadp_3_china-cefc-probe.jpg
Politicoからの引用画像(ジョー・バイデン)
https://static.politico.com/dims4/default/e680638/2147483647/resize/1160x/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fstatic.politico.com%2Fb9%2Fc3%2F54a99abc4bd5832dea2d4cb25ffb%2Fgettyimages-1256156642-773.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    自民・中谷氏、新型肺炎の周知期間に疑問! ごもっとも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  2. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実に…

  3. 人権・民主主義

    命ある限り体制批判を続けていく! 清華大学の許章潤教授!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

  5. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  6. 人権・民主主義

    共和党グリーン議員が委員会から放逐! 過去のQアノン支持はダメなのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)
  2. 経済

    中国企業のデフォルト急増! 中国最大不動産企業もデフォルト危機へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    黒川検事長と安倍内閣は検察にハメられたのでは? これから倒閣運動? (朝香 豊)…
  4. 道理

    感染急拡大でパリ全域でマスクを義務化! だが死者はかつての1/100!(朝香 豊…
  5. 中国

    中国の若者が貧困で病死! 「脱貧困」達成宣言の習近平に逆風に!(朝香 豊)
PAGE TOP