道理

WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOは「世界保健機関」であり、世界の健康・保健に大いに尽力している大切な組織であると、一般には思われている。

だが、AP通信は2017年に、WHOがエイズ対策・結核対策・マラリア対策として支出した合計額よりも、もっと大きな金額を旅費に使っていることを暴いた。

不必要にファーストクラスを使ったり、高級ホテルの最上級スイートに宿泊したり、仲間を呼んで飲み食いしたりといった「活動」に、多額の費用を使っているというわけだ。

この暴露によってWHOは旅費を多少切り詰めるようにはなったようだが、それでも2017年と2018年を比べての旅費の減少幅はわずかに1%に過ぎなかった。

WHOというと、中国との関係の深さがよく指摘され、中国政府の主張を繰り返すことで、中国政府がプロパガンダ戦で負けないための援軍として活動しているのではないかという疑惑が提起されている。

このこと自体ももちろん問題であり、厳しい追及が求められるところではある。

アメリカはこの点を問題視し、WHOへの拠出金の提供を停止した。

こういうアプローチも当然あってよいだろう。

だが、世界の健康・保健のためになくてはならない国際組織であるふりをしながら、実は体の良い利権団体に成り下がっているのではないかという観点からWHOを追及して、どれだけひどい組織なのかを知らしめる活動も重要ではないだろうか。

日本政府はWHOの新型ウイルス対策として1億5500万ドルの資金拠出を行い、WHOから謝意を頂いたが、この拠出金は本当に新型ウイルス対策として使われる保証はあるのだろうか。

資金の使い道を厳しく精査する活動に、ぜひ日本政府には取り組んでもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily Signalの記事
https://www.dailysignal.com/2020/04/01/world-health-organization-spends-twice-as-much-on-travel-as-on-medical-supplies/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

  3. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  5. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナの起源についてアメリカで急展開 ! 動きつつある武漢ウイルス研究所起源…
  2. 安全保障

    台湾退役将校3人を事情聴取! 中共へのスパイ行為!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)
  5. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)
PAGE TOP