道理

WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOは「世界保健機関」であり、世界の健康・保健に大いに尽力している大切な組織であると、一般には思われている。

だが、AP通信は2017年に、WHOがエイズ対策・結核対策・マラリア対策として支出した合計額よりも、もっと大きな金額を旅費に使っていることを暴いた。

不必要にファーストクラスを使ったり、高級ホテルの最上級スイートに宿泊したり、仲間を呼んで飲み食いしたりといった「活動」に、多額の費用を使っているというわけだ。

この暴露によってWHOは旅費を多少切り詰めるようにはなったようだが、それでも2017年と2018年を比べての旅費の減少幅はわずかに1%に過ぎなかった。

WHOというと、中国との関係の深さがよく指摘され、中国政府の主張を繰り返すことで、中国政府がプロパガンダ戦で負けないための援軍として活動しているのではないかという疑惑が提起されている。

このこと自体ももちろん問題であり、厳しい追及が求められるところではある。

アメリカはこの点を問題視し、WHOへの拠出金の提供を停止した。

こういうアプローチも当然あってよいだろう。

だが、世界の健康・保健のためになくてはならない国際組織であるふりをしながら、実は体の良い利権団体に成り下がっているのではないかという観点からWHOを追及して、どれだけひどい組織なのかを知らしめる活動も重要ではないだろうか。

日本政府はWHOの新型ウイルス対策として1億5500万ドルの資金拠出を行い、WHOから謝意を頂いたが、この拠出金は本当に新型ウイルス対策として使われる保証はあるのだろうか。

資金の使い道を厳しく精査する活動に、ぜひ日本政府には取り組んでもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDaily Signalの記事
https://www.dailysignal.com/2020/04/01/world-health-organization-spends-twice-as-much-on-travel-as-on-medical-supplies/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    生活保護受給者に怯えるケースワーカー! 死体遺棄まで関わる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!京都…

  3. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)

    香港民主化運動のリーダーの岑子傑氏がハンマーで頭部を殴られ、血…

  4. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)
  2. 道理

    朝日新聞が旭日旗を否定する社説を掲載! 自社の社旗はどうするの?(朝香 豊)
  3. 経済

    8月の自殺者数が前年同月比15%増! 経済低迷の影響か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)
  5. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)
PAGE TOP