経済

「歴史的合意」」なのに、石油価格は低迷を続ける! 壊れる世界経済!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は、世界の石油の減産規模は「歴史的合意」によって、実質的におよそ日量1950万バレルに達すると述べた。

だが、これはどう考えても無理があろうだろう。

サウジアラビアを中心とするOPEC(石油輸出国機構)に、ロシアなどのOPEC非加盟産油国の一部が参加している「OPECプラス」全体で970万バーレルを減産するとしているが、まずこの減産が守られるとはなかなか信じられない。

それはともかくとして、仮に「OPECプラス」全体で970万バーレルの減産が実現できたとしても、どうやって1950万バレルの減産ができるのだろうか。

これが実現するためには、「OPECプラス」以外で980万バレルの減産が行われなければならないが、そんなことはどう考えても無理だろう。

アメリカが石油生産を止めるならば達成は可能だが、アメリカは日量19.4万バレルの減産しか行わない見通しとなっている。

何としてでも石油価格を引き上げようと、サウジアラビアは必死なのだろうが、「1950万バレルの減産」が「絵に描いた餅」にすぎないのは、見透かされていると言わざるをえない。

この結果、原油価格(WTI)は1バレル=21ドル台で低迷を続けている。

そもそも、現在の原油のだぶつきは日量で3000万バレルほどになっていると推計されている。

つまり、産油国全体で3000万バレルの減産を行わないと供給過多が止まらないわけで、仮に1950万バレルの減産ができたとしても、まだまだ減産規模が足りないことになってしまうわけだ。

これは世界経済の減速レベルが想像を絶するほどに大きく、世界経済の規模が3割程度縮小していることを間接的に説明している。

新型コロナウイルスによる経済混乱は、人類が集団免疫を獲得するまで続くと思われるが、それが実現するまでにはどれほどの時間がかかるのだろうか。

世界恐慌と言えるだけの経済破壊がもたらされ、なかなか出口が見えない状態に陥っていることに、私達は気づくべきだと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/global-oil-saudi-idJPKCN21V1H4
https://jp.reuters.com/article/usa-oil-productivity-idJPKCN21V2AT

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    経済同友会が参院に「独立財政機関」の設置を求める! 足を引っ張るのはやめてくれ!(朝香 豊)

    経済同友会は、経済・財政・社会保障の中長期予測や財政に与える影…

  3. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(朝香 豊)

    中国国務院は、海外投資家の誘致強化を狙って、外資投資規制を緩和…

  4. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    香港立法会選挙1年延期! 進む中国の切り離し!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  6. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!東日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  2. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(…
  3. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊…
PAGE TOP