人権・民主主義

情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の武漢発の新型肺炎をめぐる日本政府の対応に、不安を感じる人は多いだろうと感じる。

こういう中で、日本政府とはかなり対照的な対応をしているのが、台湾政府だ。

台湾政府の各担当部署は連日記者会見を開き、新型肺炎に関する細かい情報を発表し続けている。

産経新聞によれば、その中には、台湾に滞在している中国人観光客の総数、そのうちの武漢出身者の数、滞在しているホテルの場所まで含まれているそうだ。

台湾で確認された感染者5名についても、中国から台湾に渡った交通手段、活動範囲なども詳しく紹介している。

こういう広報を行うと、中国人に対する不当な差別を生むといった、特別に問題となるような行動を生むのだろうか。

台湾からの報道で、何か問題があったということは、おそらくないであろう。

台湾の人たちからすれば、情報公開に積極的な政府の姿勢は頼もしく感じることはあっても、余計な情報まで流すなという感じにはなっていないのではないだろうか。

日本人だって同じだろう。

不安の中には、自分たちがやがてこのコロナウイルスに感染するのではないかという不安も当然あるが、どのように備えればいいのかがよくわからないという不安とか、政府の判断が合理的であるかどうかが判断できない不安というものもある。

そうした不安を解消するには、十分な情報公開しか方法がない。

日本政府が情報を隠蔽しているとまでは言わないが、まだまだ情報開示が不完全だと感じる。

感染者については、詳しい交通経路さえ、「個人情報の保護」を理由に、日本政府は開示しない方針である。

日本政府は、情報公開のあり方について、台湾政府に学んでもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる産経新聞の記事
https://special.sankei.com/a/international/article/20200127/0002.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小泉…

  2. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

  3. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レコ…

  6. 人権・民主主義

    保守系ニュースは検索しても表示させない! Google!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    8月の自殺者数が前年同月比15%増! 経済低迷の影響か?(朝香 豊)
  2. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)
  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
PAGE TOP