人権・民主主義

情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の武漢発の新型肺炎をめぐる日本政府の対応に、不安を感じる人は多いだろうと感じる。

こういう中で、日本政府とはかなり対照的な対応をしているのが、台湾政府だ。

台湾政府の各担当部署は連日記者会見を開き、新型肺炎に関する細かい情報を発表し続けている。

産経新聞によれば、その中には、台湾に滞在している中国人観光客の総数、そのうちの武漢出身者の数、滞在しているホテルの場所まで含まれているそうだ。

台湾で確認された感染者5名についても、中国から台湾に渡った交通手段、活動範囲なども詳しく紹介している。

こういう広報を行うと、中国人に対する不当な差別を生むといった、特別に問題となるような行動を生むのだろうか。

台湾からの報道で、何か問題があったということは、おそらくないであろう。

台湾の人たちからすれば、情報公開に積極的な政府の姿勢は頼もしく感じることはあっても、余計な情報まで流すなという感じにはなっていないのではないだろうか。

日本人だって同じだろう。

不安の中には、自分たちがやがてこのコロナウイルスに感染するのではないかという不安も当然あるが、どのように備えればいいのかがよくわからないという不安とか、政府の判断が合理的であるかどうかが判断できない不安というものもある。

そうした不安を解消するには、十分な情報公開しか方法がない。

日本政府が情報を隠蔽しているとまでは言わないが、まだまだ情報開示が不完全だと感じる。

感染者については、詳しい交通経路さえ、「個人情報の保護」を理由に、日本政府は開示しない方針である。

日本政府は、情報公開のあり方について、台湾政府に学んでもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる産経新聞の記事
https://special.sankei.com/a/international/article/20200127/0002.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    ミャンマーで反軍勢力19人に死刑判決! 日本は国連軍派遣を求めよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
  3. 経済

    中国では結婚件数が激減! 無視できない経済的理由!(朝香 豊)
  4. 経済

    朝日新聞が創業以来の大赤字! 賃金も賞与も大幅カットへ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
PAGE TOP