経済

6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)

次世代通信規格の6Gの技術開発を支援するために新たに設ける基金について、政府は予算規模を1100億円とする方向となった。

最先端の半導体や通信システムの開発を国家プロジェクトとして支援するということだが、こんな規模で大丈夫なのだろうか。

そもそもこの1100億円というのは「基金」としてプールするものであって、単年度で使い切る予定のものではない。

1年あたりでは、使えるお金は一体いくらになるのだろうか。

ちなみに、ファーウェイは、年間1兆5000億円もの巨額の研究開発費を投じている。

毎年1兆5000億円ものお金を研究開発に投じているところと競争して勝つつもりはあるのだろうか?

「日本企業の技術力を結集させることによって、資金規模での見劣りを補いたい」とのことだが、要するに根性で乗り切れということか。

そんなんで、勝てるわけないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191126/k10012191111000.html?utm_int=news-business_contents_news-main_005

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)

    日本の8月の貿易収支は2カ月連続の赤字になったが、これは大した…

  2. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

    IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通…

  3. 経済

    原油WTI先物が一時マイナス40ドルに! 壊れる世界経済!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!原油…

  4. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)…
  3. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)…
PAGE TOP