経済

6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)

次世代通信規格の6Gの技術開発を支援するために新たに設ける基金について、政府は予算規模を1100億円とする方向となった。

最先端の半導体や通信システムの開発を国家プロジェクトとして支援するということだが、こんな規模で大丈夫なのだろうか。

そもそもこの1100億円というのは「基金」としてプールするものであって、単年度で使い切る予定のものではない。

1年あたりでは、使えるお金は一体いくらになるのだろうか。

ちなみに、ファーウェイは、年間1兆5000億円もの巨額の研究開発費を投じている。

毎年1兆5000億円ものお金を研究開発に投じているところと競争して勝つつもりはあるのだろうか?

「日本企業の技術力を結集させることによって、資金規模での見劣りを補いたい」とのことだが、要するに根性で乗り切れということか。

そんなんで、勝てるわけないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191126/k10012191111000.html?utm_int=news-business_contents_news-main_005

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 経済

    2020年夏に、ホンダが自動運転「レベル3」の車を発売へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホン…

  3. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングデンマークのダンスケ銀行の2000億ユ…

  4. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の一帯一路構想に対抗! 日米豪で進める「ブルー・ドット・ネットワーク」計画を…
  2. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  3. 安全保障

    台湾退役将校3人を事情聴取! 中共へのスパイ行為!(朝香 豊)
  4. 未分類

    日本では集団免疫ができている! 上久保教授の説の解説!(朝香 豊)
  5. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 …
PAGE TOP